おなまえ
タイトル
コメント
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 画像認証
arrow.png
オークス相馬眼予想&調教診断&パドック診断(事後公開)競馬アナリストGM

有料版競馬道場、レジまぐで販売したオークスの相馬眼予想を事後公開します。

予想は1~4着馬が該当する部分を抜粋しました。

秋華賞に向けて参考にしていただければ幸いです。

調教診断&パドック診断も事後公開します。

■オークス相馬眼予想(事後公開)

東京は曇り、芝ダートとも良馬場。開催5週目で今週もBコース。土曜の芝1600m以上で連対した馬の脚質は、逃げ1先行3、差し3追込2。芝1600mの2戦は2着に追い込み馬が突っ込んだが、芝1800~2000mの3戦は流れが緩んで3着まで道中6番手以内につけた馬で決着。高速馬場で時計、上がりが速い。

カーネーションCは前半5F60.2秒でカンティアーモが4番手から最速の33.9秒で抜け出して1分46秒9で優勝。メイSは前半5F59.4秒でプレサージュリフトは3番手から4位タイの33.8秒で抜け出して1分45秒1で優勝。芝2400mのオークスはある程度流れて決め手も持久力も問われる。

次に展開だが、逃げるのはヴィントシュティレ、ショウナンマヌエラ。好位にミアネーロ、タガノエルピーダ、ラヴァンダ、エセルフリーダ、チェルヴィニア、中団にクイーンズウォーク、ステレンボッシュ、アドマイヤベル、コガネノソラ、ライトバック、後方からサフィラ、スウィープフィート、ホーエリート、ランスオブクイーンといった展開。

ヴィントシュティレは前走東京芝2000mの未勝利戦で前半5F58.4秒で大逃げして2分00秒4で勝っている。ショウナンマヌエラは逃げたときしか連対がない。2頭がハナを主張して前半から飛ばすと2頭で後続を引き離して大逃げになる可能性がある。3番手以下は例年通り前半5F60秒前後か。

過去5年の前半5Fと連対馬の脚質は、59.1秒(差し-先行)、59.8秒(追込-先行)、59.9秒(追込-差し)、60.6秒(差し-好位)、60.0秒(差し-差し)。過去5年のうち4年で前半5F60秒以内で流れている。過去2年は6、7番手につけたリバティアイランド、スターズオンオアースが優勝。

過去5年の勝ち馬は道中8、12、13、7、6番手、上がりは1、1、4、1、1位。2着馬は道中4、2、7、5、8番手、上がりは5、7、4、5、3位。8、12、7、6番手から最速上がりで勝った馬は、ラヴズオンリーユー(1人気)、デアリングタクト(1人気、3冠)、スターズオンアース(3人気、2冠)、リバティアイランド(1人気、3冠)。

2着に入った5頭は道中8番手以内につけており、勝ち馬ほど上がりの速さは問われない。過去10年で最速上がりを繰り出した馬は[7-2-1-2]で1番人気なら[5-1-0-0]、5番人気以内なら[7-2-1-0]。今年最速上がりを繰り出す可能性が高いのは、ステレンボッシュ、折り合ったときのライトバック。

今年はG1で連対した馬がステレンボッシュ(桜花賞、阪神JF2着)しかいない。G1-3着馬はタガノエルピーダ(朝日杯FS)、ライトバック(桜花賞)。重賞勝ち馬はチェルヴィニア(アルテミスS)、クイーンズウォーク(クイーンC)、スウィープフィート(チューリップ賞)、ミアネーロ(フラワーC)、アドマイヤベル(フローラS)。

アスコリピチェーノを除く重賞勝ち馬が出走し、トライアルの忘れな草賞(タガノエルピーダ)、スイートピーS(コガネノソラ)も出走している。今年は阪神JF、桜花賞が1分32秒台の決着でレベルが高く、他の重賞、トライアルも例年より勝ちタイムが速い。決め手のある馬も多いが、芝2400mで折り合って切れる脚を使えるかがポイントになる。

オークスは末脚の威力が問われる傾向があり、デビューから2、3戦最速上がりを繰り出した馬が3着以内に入ることが多い。今年のメンバーでデビューから3戦3位以内の上がり繰り出した馬は、クイーンズウォーク(全て最速)、ステレンボッシュ(1、2、1位)、アドマイヤベル(1、2、3位)、ライトバック(1、3、2位)、チェルヴィニア(3、1、1位)。

クイーンズウォーク(514キロ)はデビューから3戦最速上がりを繰り出したが、桜花賞で内を突いて伸び切れず8着に終わった。チェルヴィニア(488キロ)は逃げた新馬戦は3位だったが、未勝利戦、アルテミスSを最速の33.0秒、33.3秒で優勝。桜花賞は大外18番枠から外を回って13着に終わった。過去10年で480キロ以上は[0-1-2-23]で1連対のみ。

クイーンズウォークは500キロを超える大型馬だが、オークスに繋がりやすいクイーンCを最速の33.4秒で差して1分33秒1で勝っている。チェルヴィニアは長期休み明けで8キロ増だった。使ったことで馬体が絞れると470キロ台になる可能性がある。過去10年で桜花賞10着以下は[0-0-3-22]で3着に入った馬は桜花賞で13、15、18番枠でみな外枠だった。

芝1600m以上で後半4F46.0秒以内で走って勝った馬は、ステレンボッシュ(赤松賞、桜花賞)、チェルヴィニア(新潟未勝利、アルテミスS、東京新馬2着)、クイーンズウォーク(クイーンC)、タガノエルピーダ(京都新馬)、2着はサフィラ(アルテミスS)、3着はライトバック(桜花賞)。この中でレベルが高いのは、前半5F58.1秒で流れた桜花賞。

1番人気のステレンボッシュはテン乗りの戸崎騎手、2番人気のチェルヴィニアは前走桜花賞13着(大外18番枠)、3番人気のライトバックは折り合いが難しい馬で道中の折り合い、4番人気のスウィープフィートは出遅れが多い馬で武豊騎手、5番人気のクイーンズウォークは500キロ以上の大型馬で前走桜花賞が1枠で8着。人気馬はみな死角がある。

戸崎騎手は東京芝2400m重賞[0-5-2-33]で未勝利。1番人気はオークスのルージュバックで2着。オークスは[0-3-0-8]で2着3回。1986年以降のオークスで1番人気にテン乗り騎手が騎乗するのは初めて。NHKマイルC、ヴィクトリアマイルは社台の人気馬がマークされて直線で前が壁になるレースが続いている。絶対視はしない。

桜花賞馬ステレンボッシュを狙う。これまで[3-2-0-0]で阪神JFは最速の33.5秒で上がってクビ差の2着。桜花賞は11番手から3位の33.4秒で差し切って1分32秒2で優勝。2戦ともレベルの高いレースだったが、ステレンボッシュと接戦したアスコリピチェーノはNHKマイルCで直線で挟まれる致命的な不利がありながら2着に入った。

桜花賞の予想でも書いたが、2歳時に東京芝1600m以上で前半5F60.0秒以内、後半4F45.9秒以内で勝った馬は、グランアレグリア(新馬・45.7秒、サウジアラビアRC・45.7秒)、サリオス(サウジアラビアRC・45.5秒)、コントレイル(東スポ杯2歳S・45.7秒)、チェルヴィニア(アルテミスS・45.6秒)、ステレンボッシュ(赤松賞・45.9秒)の5頭。グランアレグリア、サリオス、コントレイルはG1を制したが、ステレンボッシュも桜花賞を制した。

コントレイル、サリオスはダービーでワンツーを決めている。ステレンボッシュは馬体の造り、血統面から距離をこなすタイプ。あっさり勝ってもおかしくないが、1986年以降のオークスで1番人気にテン乗り騎手が騎乗するのは初めて。戸崎騎手は東京芝2400m重賞未勝利でG1は[0-5-0-25]、オークスは[0-3-0-8]。それでも相馬眼的に評価できる馬。ある程度スムーズなレースなら2冠達成がある。

ライトバックは[2-0-1-1]でアルテミスSはチェルヴィニアに0.6秒差の4着に終わったが、道中折り合いを欠いて直線でもスムーズさを欠いたもの。エルフィンSで負かしたスウィープフィートはチューリップ賞で大外一気を決めている。桜花賞は出遅れて後方2番手から最速の32.8秒で追い込んで0.1秒差の3着。モレイラ騎手に前に入られて折り合いを気にしているうちに最後方からのレースになった。

桜花賞ではステレンボッシュの上がりを0.6秒上回った。トップギアに入ったときの加速力はステレンボッシュを上回る。問題は折り合いが難しい点。陣営は色々と対策した効果が出るのかがポイント。父キズナ、母の父エクシードアンドエクセルは、今年の皐月賞馬ジャスティンミラノと同じ。今年はキズナ産駒が大活躍している。坂井騎手が中団の後ろあたりで折り合いがつけば、ステレンボッシュを差し切る可能性がある。

チェルヴィニアは桜花賞で1.2秒差の13着。長期休み明け、馬体8キロ増、大外枠、テン乗りのムルザバエフ騎手が影響したのか。新馬、未勝利、アルテミスSの後半4Fが45.4秒、45.2秒、45.6秒で高レベル。前述した5頭のラップを満たしており、G1を勝ってもおかしくない馬。母はオークス2着馬チェッキーノ。ルメール騎手は東京芝2400m得意。ルメール騎手は怖いが、瞬発力の点で3番手。ルメール騎手が位置取りでカバーするか。

クイーンズウォークは桜花賞で8番手の内から8位の34.1秒で上がって0.6秒差の8着。直線でスペースができてから伸び切れなかった。クイーンCを最速の33.4秒で差し切ったように瞬発力はあるが、G1だと少しケリ値が足りない。陣営目標のオークスで馬体が進化して後肢の踏み込みが力強くなっているとケリ値がアップする可能性がある。サンデーRの馬が川田騎手で1枠2番。人気馬が死角を出すと連対もある。

◎ステレンボッシュ
○ライトバック
▲チェルヴィニア
△クイーンズウォーク
・・

<予想結果>
東京11R オークス
◎ステレンボッシュ 2着
○ライトバック 3着
▲チェルヴィニア 1着
馬単1,300円本線的中!
馬連590円本線的中!
ワイド380円本線的中!
ワイド260円本線的中!
3連複1,690円的中!
3連単8,060円的中!

■オークス調教診断(事後公開)

★ライトバック 3着(1位評価)
栗CWで2頭併せで馬なりのまま先着。活気がありバネの利いたフットワークでラスト11.5秒。1週前は栗CWで2頭併せで相手を突き放した。動き、気配とも良化。

★ステレンボッシュ 2着(2位評価)
南Wで3頭併せで軽く仕掛けて併入。大きなストライドでラスト2Fとも11.4秒。1週前にも南Wで3頭併せで併入。一度使って走りに余裕がある。そのぶん上向き。

★チェルヴィニア 1着(5位評価)
南Wで3頭併せで馬なりのままラスト11.6秒で併入。1週前に南Wで2頭併せ、日曜に美坂で追っている。ひと叩きして力みがなくなった。前走より仕上げられた。

■オークスパドック診断(事後公開)

有料版競馬道場では重賞レースのパドック診断を実施しています。

○6+:7番ステレンボッシュ 14番ライトバック ▲6:12番チェルヴィニア △5+:2番クイーンズウォーク 注5:5番コガネノソラ

ステレンボッシュ:馬体4キロ減ったが細くなく全体的に締まってオークス仕様の仕上げ。落ち着きがあり無駄な仕草がない。デキはあるため、戸崎騎手がうまく立ち回れば。

ライトバック:馬体6キロ増えたが太くなく少しボリュームアップした。少しテンションは高めも我慢できている。坂井騎手がスタートを決めてある程度の位置で折り合いがつけば。

チェルヴィニア:ひと叩きして馬体6キロ絞れて腹目がスッキリした。前走桜花賞よりデキは上向き。東京芝2400mでほとんど崩れないルメール騎手で怖い。

クイーンズウォーク:馬体8キロ増えて少しボリュームアップした。踏み込みは少ししっかりした印象。川田騎手が1枠からロスなく進めて上手く外に出して末脚を引き出せれば。

コガネノソラ:馬体減なく張りのある馬体をキープ。馬体の造りは見劣るが、折り合いと持久力は上位のものがある。ロスなく進めてレースが消耗戦に傾けば。

馬券はステレンボッシュとライトバックからの馬連流し。馬単・ワイド7=14,12も買う。3連複は5頭ボックスの10点。3連単はフォーメーション7,14→7,14,12,2,5→7,14,12,2,5と
12→7,14→7,14の26点。

馬単1,300円的中!(4点)
馬連590円的中!(7点)
ワイド380円本線的中!(2点)
ワイド260円本線的中!(2点)
3連複1,690円的中!(10点)
3連単8,060円的中!(26点)

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

user.png スタッフ time.png 2024/05/19(Sun) 18:05 No.2088 [返信]
オークス調教後の馬体重

調教後 前走時
ミアネーロ 479 472
クイーンズウォーク 520 514
エセルフリーダ 468 464
パレハ 425 422
コガネノソラ 455 448
サンセットビュー 454 450
ステレンボッシュ 462 462
ホーエリート 468 460
ラヴァンダ 480 466
アドマイヤベル 486 484
ヴィントシュティレ 466 462
チェルヴィニア 494 488
スウィープフィート 470 464
ライトバック 482 470
サフィラ 454 432
ショウナンマヌエラ 468 470
タガノエルピーダ 450 436
ランスオブクイーン 440 440

user.png スタッフ time.png 2024/05/16(Thu) 21:08 No.2087 [返信]
オークス枠順

1 1 ミアネーロ 津村
1 2 クイーンズウォーク 川田
2 3 エセルフリーダ 武藤
2 4 パレハ 田辺
3 5 コガネノソラ 石川
3 6 サンセットビュー 三浦
4 7 ステレンボッシュ 戸崎
4 8 ホーエリート 原
5 9 ラヴァンダ 岩田望
5 10 アドマイヤベル 横山武
6 11 ヴィントシュティレ 北村宏
6 12 チェルヴィニア ルメール
7 13 スウィープフィート 武豊
7 14 ライトバック 坂井
7 15 サフィラ 松山
8 16 ショウナンマヌエラ 岩田康
8 17 タガノエルピーダ Mデムーロ
8 18 ランスオブクイーン 横山和

user.png スタッフ time.png 2024/05/16(Thu) 14:41 No.2085 [返信]
Re: オークス枠順
▼過去10年枠番別(連対率)
1枠 1-3-2-14 20.0%
2枠 2-0-0-16 11.1%
3枠 1-0-1-17 5.3%
4枠 0-1-3-16 5.0%
5枠 3-2-0-15 25.0%
6枠 0-1-0-19 5.0%
7枠 2-2-2-24 13.3%
8枠 1-1-2-26 6.7%

▼過去10年馬番別(連対率)
1番 0-2-0- 8 20.0%
2番 1-1-2- 6 20.0%
3番 1-0-0- 8 11.1%
4番 1-0-0- 8 11.1%
5番 1-0-1- 7 11.1%
6番 0-0-0-10 0.0%
7番 0-1-1- 8 10.0%
8番 0-0-2- 8 0.0%
9番 2-0-0- 8 20.0%
10番 1-2-0- 7 30.0%
11番 0-0-0-10 0.0%
12番 0-1-0- 9 10.0%
13番 2-1-1- 6 30.0%
14番 0-1-1- 8 10.0%
15番 0-0-0-10 0.0%
16番 0-1-1- 8 10.0%
17番 0-0-1- 9 0.0%
18番 1-0-0- 9 10.0%

偶数 4-6-6-73 11.2%
奇数 6-4-4-74 11.4%
大外 1-0-0- 9 10.0%

user_com.png スタッフ time.png 2024/05/16(Thu) 14:44 No.2086
オークスプレレーティング

▼2024年度レーティング最高値
ステレンボッシュ 114M
ライトバック 111M
スウィープフィート 110M
クイーンズウォーク 109M
アドマイヤベル 106I
ミアネーロ 106M
タガノエルピーダ 105I
ホーエリート 104M
ラヴァンダ 104I
コガネノソラ 103M

▼2023年度JPNランキング
ステレンボッシュ 112
タガノエルピーダ 109
チェルヴィニア 109
ショウナンマヌエラ 106
サフィラ 105
ライトバック 102

レーティングはJRA発表

user.png スタッフ time.png 2024/05/13(Mon) 18:07 No.2084 [返信]
オークス出走予定馬

アドマイヤベル 横山武
ヴィントシュティレ
エセルフリーダ 武藤
クイーンズウォーク 川田
コガネノソラ 石川
サフィラ 松山
サンセットビュー 三浦
ショウナンマヌエラ 岩田康
スウィープフィート 武豊
ステレンボッシュ 戸崎
タガノエルピーダ Mデムーロ
チェルヴィニア ルメール
パレハ 田辺
ホーエリート 原
ミアネーロ 津村
ライトバック 坂井
ラヴァンダ 岩田望
ランスオブクイーン 横山和

user.png スタッフ time.png 2024/05/13(Mon) 18:06 No.2083 [返信]
日本ダービー登録馬

アーバンシック 57
エコロヴァルツ 57
コスモキュランダ 57
ゴンバデカーブース 57
サトノエピック 57
サンライズアース 57
サンライズジパング 57
シックスペンス 57
ジャスティンミラノ 57
シュガークン 57
ジューンテイク 57
ショウナンラプンタ 57
シンエンペラー 57
ダノンエアズロック 57
ダノンデサイル 57
ビザンチンドリーム 57 追加
ミスタージーティー 57
メイショウタバル 57
レガレイラ 55

user.png スタッフ time.png 2024/05/13(Mon) 17:55 No.2082 [返信]
平安S登録馬

ヴィクティファルス 57
ヴィジョンオブラヴ 57
オーロイプラータ 57
カフジオクタゴン 57
クリノドラゴン 57
グロリアムンディ 57
サンデーファンデー 57
スレイマン 57
ゼットリアン 57
テンカハル 57
ハギノアレグリアス 57
バハルダール 57
ハピ 57
マリオロード 57
ミッキーヌチバナ 57
ミトノオー 57
メイショウフンジン 57
メイプルリッジ 57

user.png スタッフ time.png 2024/05/13(Mon) 17:54 No.2081 [返信]
ヴィクトリアマイル枠順

1 1 ライラック 56 戸崎
2 2 フィアスプライド 56 ルメール
2 3 スタニングローズ 56 西村淳
3 4 コンクシェル 56 岩田望
3 5 ウンブライル 56 川田
4 6 マスクトディーヴァ 56 モレイラ
4 7 ハーパー 56 池添
5 8 サウンドビバーチェ 56 松山
5 9 テンハッピーローズ 56 津村
6 10 ナミュール 56 武豊
6 11 ルージュリナージュ 56 横山和
7 12 キタウイング 56 杉原
7 13 モリアーナ 56 横山典
8 14 フィールシンパシー 56 横山琉
8 15 ドゥアイズ 56 鮫島駿

user.png スタッフ time.png 2024/05/10(Fri) 17:02 No.2079 [返信]
Re: ヴィクトリアマイル枠順
▼過去10年枠番別(連対率)
1枠0-0-3-17 0.0%
2枠2-1-2-15 15.0%
3枠5-0-1-14 25.0%
4枠0-2-1-16 10.5%
5枠0-3-0-16 15.8%
6枠1-1-0-18 10.0%
7枠2-0-1-25 7.1%
8枠0-3-2-24 10.3%

▼過去10年馬番別(連対率)
1番0-0-2-8 0.0%
2番0-0-1-9 0.0%
3番0-0-2-8 0.0%
4番2-1-0-7 30.0%
5番3-0-0-7 30.0%
6番2-0-1-7 20.0%
7番0-1-1-8 10.0%
8番0-1-0-8 11.1%
9番0-1-0-8 11.1%
10番0-2-0-8 20.0%
11番0-1-0-9 10.0%
12番1-0-0-9 10.0%
13番1-0-0-9 10.0%
14番1-0-0-9 10.0%
15番0-0-1-9 0.0%
16番0-2-1-7 20.0%
17番0-0-0-9 0.0%
18番0-1-1-6 12.5%

偶数6-7-4-70 14.9%
奇数4-3-6-75 8.0%
大外0-2-1- 7 20.0%

user_com.png スタッフ time.png 2024/05/10(Fri) 17:05 No.2080
ヴィクトリアマイル調教後の馬体重

調教後 前走時
ウンブライル 485 476
キタウイング 445 438
コンクシェル 484 474
サウンドビバーチェ 512 506
スタニングローズ 500 490
テンハッピーローズ 468 462
ドゥアイズ 482 468
ナミュール 458 前走海外
ハーパー 478 470
フィアスプライド 480 478
フィールシンパシー 464 454
マスクトディーヴァ 462 456
モリアーナ 492 482
ライラック 450 432
ルージュリナージュ 456 446

user.png スタッフ time.png 2024/05/09(Thu) 17:26 No.2078 [返信]
NHKマイルCレーティング比較

▼NHKマイルC
05年ラインクラフト 111
06年ロジック 111
07年ピンクカメオ 111
08年ディープスカイ 112
09年ジョーカプチーノ 112
10年ダノンシャンティ 115
11年グランプリボス 114
12年カレンブラックヒル 115
13年マイネルホウオウ 113
14年ミッキーアイル 114
15年クラリティスカイ 114
16年メジャーエンブレム 116
17年アエロリット 116
18年ケイアイノーテック 114
19年アドマイヤマーズ 116
20年ラウダシオン 115
21年シュネルマイスター 115
22年ダノンスコーピオン 115
23年シャンパンカラー 115
24年ジャンタルマンタル 118★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去最高レベル。ジャンタルマンタルは4番手からメンバー2位タイの33.9秒で抜け出して1分32秒4で2馬身半差で圧勝。外枠から先行して直線でタイミング良く抜け出す完璧なレースぶりでG1-2勝目を挙げた。

user.png GM time.png 2024/05/09(Thu) 12:32 No.2077 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -