高松宮記念
2020/3/29 中京競馬場 芝1200m

レース展望

春のスプリント王決定戦。過去10年の1番人気は[3−0−3−4]で3連対。単勝1倍台は[1−0−0−0]、2倍台は[0−0−2−3]、3倍台は[2−0−1−0]。単勝2倍台は連対なく不振。2番人気は[2−3−0−5]、3番人気は[3−2−3−2]で各5連対。連対馬16頭が5番人気以内、残る4頭は6、6、8、12番人気。最近5年の馬連は74倍、8倍、21倍、16倍、305倍。昨年は3−12番人気で大波乱になった。

連対馬14頭が前走3着以内、17頭が前走5着以内。前走6着以下から連対した3頭のうち2頭にスプリントG1で連対があり、残る1頭にG2で2着があった。6着以下から巻き返すにはG1、G2で実績が必要。年齢別では4歳[3−0−4−29]、5歳[4−3−3−30]、6歳[0−7−2−37]、7歳以上[3−0−1−51]。4番人気以内の5歳馬は[4−3−2−4]で7連対。人気になった5歳馬が活躍している。穴で6、7歳の高齢馬に注意。

タワーオブロンドンは昨夏から芝1200mを使って[2−1−2−0]でセントウルS、スプリンターズSを連勝した。京王杯SCとセントウルSをレコード勝ちしたようにスピードの絶対値が高い。前走オーシャンSは1枠1番から中団の内を進み、メンバー3位タイの34.4秒で上がって0.7秒差の3着。休み明けで馬体6キロ増、58キロを背負っていた。今度は本番の仕上げ。ルメール騎手から福永騎手に乗り替わる。

グランアレグリアは昨年の桜花賞を1分32秒7のレコードで優勝。前走阪神カップは休み明け、初の芝1400m、初の牡馬相手で1分19秒4の好タイムで5馬身差で圧勝。ルメール騎手は鞭を入れておらず、最後は流す余裕があった。レースの1200m通過は1分7秒9だった。初の芝1200mになるが、阪神カップの走りならこなせるか。藤沢和厩舎はタワーオブロンドンと2頭出し。ルメール騎手から池添騎手に乗り替わる。

ダノンスマッシュは芝1200m[5−1−1−2]で重賞4勝。前走オーシャンSは1枠から4番手に押し上げ、メンバー最速の34.0秒で抜け出して1分7秒4で優勝。ここにきて馬体が充実して完全本格化してきたか。G1は高松宮記念が0.2秒差の4着、スプリンターズSが0.1秒差の3着。少し足りないが、好位抜け出しタイプで緩い馬場もある程度こなせる。安田厩舎のロードカナロア産駒。鞍上は川田騎手。

根岸S、フェブラリーSを連勝したモズアスコット、阪急杯3着馬ダイアトニック、同5着馬ステルヴィオ、高松宮記念1、6、2着のセイウンコウセイ、昨年のスプリンターズS2着馬モズスーパーフレア、シルクロードS勝ち馬アウィルアウェイ、淀短距離S勝ち馬アイラブテーラー、昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬ノームコアなど。モズアスコットは芝1400m[2−4−0−1]。初の芝1200mになるが、スピードの絶対値は高い。条件変わりに強いタイプか。ルメール騎手からMデムーロ騎手に乗り替わる。


レース回顧

2020年 3月29日(日) 1回中京8日  天候: 晴   馬場状態: 重 
11R  第50回高松宮記念
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定)  芝 1200m   18頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
4d6 11  クリノガウディー   牡 4 和田竜二  57  1.08.7 33.8 15 494 (栗)藤沢則雄
1 8 16 $モズスーパーフレア 牝 5 松若風馬  55  1.08.7 34.5  9 494 (栗)音無秀孝
2 4  8  グランアレグリア   牝 4 池添謙一  55  1.08.7 33.1  2 486 (美)藤沢和雄
3 2  3  ダイアトニック     牡 5 北村友一  57  1.08.7 33.7  4 472 (栗)安田隆行
5 8 17 $シヴァージ         牡 5 藤岡佑介  57  1.09.0 33.1 12 500 (栗)野中賢二
6 4  7  グルーヴィット     牡 4 岩田康誠  57  1.09.0 33.2 13 494 (栗)松永幹夫
7 6 12  セイウンコウセイ   牡 7 幸英明    57  1.09.1 34.4  6 504 (美)上原博之
8 2  4  ティーハーフ       牡10 国分優作  57  1.09.1 33.8 17 472 (栗)西浦勝一
9 1  1  ステルヴィオ       牡 5 丸山元気  57  1.09.3 34.1  7 488 (美)木村哲也
10 3  6  ダノンスマッシュ   牡 5 川田将雅  57  1.09.7 34.7  3 474 (栗)安田隆行
11 1  2  アウィルアウェイ   牝 4 松山弘平  55  1.09.7 34.2 11 480 (栗)高野友和
12 5  9 *タワーオブロンドン 牡 5 福永祐一  57  1.09.8 34.5  1 514 (美)藤沢和雄
13 7 14 $モズアスコット     牡 6 M.デム  57  1.09.9 33.7  5 494 (栗)矢作芳人
14 7 15  ナックビーナス     牝 7 田辺裕信  55  1.10.3 35.3 14 532 (美)杉浦宏昭
15 8 18  ノームコア         牝 5 横山典弘  55  1.10.6 35.0  8 478 (美)萩原清
16 3  5  ラブカンプー       牝 5 酒井学    55  1.10.6 35.4 18 444 (栗)森田直行
17 7 13  ダイメイプリンセス 牝 7 秋山真一  55  1.10.9 35.0 16 504 (栗)森田直行
18 5 10  アイラブテーラー   牝 4 武豊      55  1.21.9 42.9 10 426 (栗)河内洋
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.1-10.8-11.3-11.4-11.2-11.9
通過:34.2-45.6-56.8-68.7  上り:68.7-56.6-45.8-34.5  平均:1F:11.45 / 3F:34.35
単勝   16 \3230 
複勝   16 \810 / 8 \210 / 3 \290 
枠連   4-8 \2300 (11) 
馬連   08-16 \9150 (32) 
ワイド 08-16 \3540 (41)/ 03-16 \3770 (44)/ 03-08 \880 (6) 
馬単   16-08 \26540 (82) 
3連複 03-08-16 \22830 (75/816) 
3連単 16-08-03 \217720 (640/4896) 

モズスーパーフレアは前半3F34.2秒で逃げ、直線でしぶとく粘ってハナ差の2位入線もクリノガウディーが斜行で降着になり1位に繰り上がった。上がりは11位タイの34.5秒。勝ちタイムは1分8秒7(重)。外差しが決まる馬場だったが、馬場が徐々に乾き、かつ緩い流れで前残りになった。モズスーパーフレアはハイペースで飛ばして粘り込むタイプだが、前半3F34.2秒のマイペースで進み、ラスト3Fを11秒台でまとめて押し切った。昨年の高松宮記念は2番人気に支持され、調教が強過ぎて馬体が減り15着に終わったが、今年はオーシャンSを使わず馬体を維持でき、マイペースに持ち込んで粘り込んだ。差し馬が外差し馬場でじっくり構え過ぎた感もある。昨年のスプリンターズSで2着に粘った馬がG1初制覇。今年7年目の松若騎手もG1初制覇となった。

グランアレグリアは後方からメンバー最速タイの33.1秒で追い込んでハナ差の2着。前が残る展開で強烈な末脚を繰り出し、タイム差なしの2着まで追い上げた。かなり強い内容。このメンバーでは力が抜けている可能性がある。初の芝1200m、初の重馬場で厳しい位置から最速上がりを繰り出したことを評価したい。桜花賞をレコードで勝ったようにマイルも守備範囲。次走は未定だが、ヴィクトリアマイルに向かうことになりそうだ。

ダイアトニックは4番手からメンバー4位タイの33.7秒で伸びてハナ+頭差の3着。直線でクリノガウディーが斜行した不利を受けたが、最後の伸びを見るとスムーズなら勝っていたかもしれない。安田隆厩舎のロードカナロア産駒。安田隆厩舎は2番人気のダノンスマッシュも出走していたが、人気がないダイアトニックの方が連対した。初の芝1200mは全く問題がなかった。

クリノガウディーは3番手からメンバー6位の33.8秒で抜け出して1位入線も斜行してダイアトニック、モズスーパーフレアの進路を妨害したため4着に降着。和田騎手は騎乗停止になった。朝日杯FSで2着に入った馬が初の芝1200mで激走した。一昨年の朝日杯FS1着のアドマイヤマーズは香港マイル1着、3着グランアレグリアは桜花賞&阪神カップ1着。朝日杯FSで上位に入った馬の活躍が目立っている。

シヴァージは後方からメンバー最速の33.1秒で追い込んで0.3秒差の5着。外から鋭く伸びてきたが、前に行った馬が残る展開で届かなかった。これで3戦連続で最速上がり。以前はダートで先行していたが、追い込むレースを覚えて末脚の威力が増している。

ダノンスマッシュはスタートで躓いて押して好位に取りつき、直線で伸び切れず1.0秒差の10着。この流れなら好位につけて直線であっさり抜け出しそうだが、スタートで躓いたことが影響したのか、重馬場が影響したのか、直線で全く伸びなかった。川田騎手は人気馬で駄乗が目立つため注意したい。

タワーオブロンドンは中団から伸び切れず1、2秒差の12着。中団の外につけたが、直線で全く伸びなかった。仕上がりは良かったが、ベタ爪で重馬場が影響した可能性が高い。福永騎手は8Rで落馬。その影響もあったか。これまで堅実に走ってきた馬が惨敗して楽を覚えると走らなくなることが多い。



[Home]