マーメイドS
レース展望

今年も少頭数になりそうなマーメイドS。牝馬G1好走馬が活躍することが多く、前走で牡馬混合重賞で敗れた馬が牝馬限定戦に戻って結果を出すのが例年のパターン。今年もテイエムオーシャン、ローズバド、スマイルトゥモローの牝馬G1実績馬が参戦してきた。これに夏場走るマヤノアブソルートが加わって4頭が人気になりそうだ。

昨年は秋天、JC、有馬と王道を歩んだテイエムーシャンが今年はマーメイドSを勝ちに来た。牝馬同士なら能力は上だし、阪神芝も[3・0・1・0]のベストのコース。ただし今回は斤量が問題。59キロ自体はこなせなくはないが、ローズバドとスマイルトゥモローの56キロがいかにも有利に映る。さらに前走の金鯱賞は全く見せ場がなく9着に惨敗。調教では伸び伸びとした走りで馬体を大きく見せていたが、パドックではこじんまりと見えたのが少し気になる材料だ。今回はパドック次第というイメージになるが、できる限り調教の動きと馬体をチェックして予想で詰めていきたい。

ローズバドは01年のエリザベス女王杯から10戦連続連対はないが、今年は状態が良さそうなので圏内だろう。今週は最終週で馬場の内側が荒れて外が伸びるようだとローズバドにとっては有利になる。調教で切れのある動きを見せて、外側が伸びる馬場という条件が揃えば狙ってみたい。只今絶好調の橋口厩舎と重賞2着が多い横山典騎手のコンビ。馬単2着流しという手もありそうだ。

スマイルトゥモローは前走のエプソムCでプラス20キロだったが、馬体が成長して実が入ってきた印象で非常に良く見せていた。レースでは掛かり気味に2番手を進んだが、最後までしぶとく踏ん張って5着ならまずまずだろう。阪神コースはごちゃついた桜花賞で6着に敗れたが、ゆったり行ける2000mなら問題ないだろう。折り合いという課題はあるが、相馬眼的にはこの馬という気がする。主戦の吉田豊が落馬骨折のため、今回は西の豊が手綱を取る。豊人気になる分、馬券的妙味が減るのが残念だが、デキさえ良ければこの馬から入る手は十分。

マヤノアブソルートはこの時期走る馬で6〜8月の成績は[4・2・5・0]で3着以下なしと堅実だ。今年もここまで2、2着と結果を出してきたが、特に朱雀Sはレベルの高いレースで0.1秒差の2着は価値がある。阪神芝2000mは01年の垂水Sで1分58秒6の好タイムでイブキガバメントを負かした舞台。重賞は小倉記念の3着が2回あるだけだが、牝馬同士なら圏内だろう。

この他ではショコット、トシザダンサー、ビルアンドクー、ショウナンバーキンあたりだが、展開や調子など、上位の馬に対しての何かしらのアドバンテージが欲しい。ただ過去7年の3着馬の人気は8、10、5、3、8、8、12番人気と人気薄が多いことから3連複なら狙い目がありそうだ。

2003/07/09
競馬アナリストGM



[Home]