マーメイドS
データ分析

■人気馬堅実。人気薄の出番少ない
過去7年で1番人気は5連対と堅実。6番人気が1頭連対したが、それ以外は全て5番人気以内。1、2番人気の決着が3回と堅く収まる傾向が強い。メンバーのレベルが高ければ人気馬を中心にした馬券作戦を組み立てたい。

■実績馬を中心に10倍前後が狙い目
10倍台までが6回とかなり堅い。中山牝馬S以来の牝馬重賞でメンバーが揃うため波乱は少ない。実績馬を中心に10倍前後が狙い目。それ以上の配当を狙うなら最近3年の傾向から3〜5番人気を頭にした馬単が面白い。

■前走が牡馬混合重賞なら着順不問
前走1着馬はわずか1頭のみ。4着以下が9頭と多く、そのうち7頭が牡馬混合重賞で着外に敗れていた。牡馬に大敗しても牝馬限定戦に戻れば結果を出すのが特徴。前走が牡馬混合重賞なら着順にこだわる必要はない。

■3連複は前走重賞以外で負けている馬
馬連は堅い傾向だが3連複なら大穴が狙える。3着馬の人気は8、10、5、3、8、8、12番人気で人気薄が多い。人気薄で連対した5頭は前走重賞以外で負けていたのが共通点。3連複のヒモはこのタイプが狙い目。



[Home]