函館スプリントS
レース展望

今年で第10回を迎える函館スプリントS。昨年は高松宮記念を勝ったショウナンカンプが4着に敗れ、3歳馬サニングデールが優勝。今年も高松宮記念を勝ったビリーヴが参戦してきたことで俄然注目度の高いレースになりそうだ。おそらく1番人気はビリーヴ。1番人気が追い込みタイプだと信頼できないが、前に行ける馬は昨年のショウナンカンプを除き結果を出してきた。ビリーヴは果たして信頼できるのかどうか。この馬をどう考えるかが最大のポイントだろう。

ビリーヴは右回りだと内にもたれるところがあるので内枠を引いた方が競馬がやりやすそうだ。ビリーヴの枠順別成績を調べると1、2枠のときが[5・1・0・1]、それ以外が[4・0・5・8]で内枠を引くと強さを発揮する。高松宮記念、セントウルSを勝ったときは1枠1番だったし、スプリンターズSにしても4枠4番の内枠だった。良馬場で内枠を引けば外せない存在か。ただここ2戦輸送して厳しいレースをしているので状態面には注意を払いたい。56キロについては実績があるし、馬体からも問題ないだろう。

このレース3年連続連対しているタイキトレジャーも人気を集めそうだ。ただ今年は前走の安田記念で目一杯に仕上げた後の一戦だけにこれまでとは違う。理由は分からないが、主戦の横山典騎手がアグネスソニックに騎乗するというのも少し気になる材料だ。京王杯SCの走りから力の衰えはないだけに押さえは必要だが、それ以上は調教の動きが良ければということになる。

アグネスソニックは函館2戦2勝。テンションが高いタイプなので滞在競馬が合うのだろう。高松宮記念以来となるだけに仕上がりがポイントになる。除々に力をつけてきたイシノグレイスも面白い存在。函館で勝ち星はないが、札幌で4勝しているように力のいる馬場での1200mがベスト。前走、駿風Sを勝ち再度調子を上げてきただけに注目したい。あとはユニコーンSで33.5秒のダッシュを見せた3歳馬エコルプレイスも力のいる馬場が合うタイプ。ビリーヴにぴったりマークされると辛いが雨が降って馬場が悪化するようだと逃げ切りがあるかもしれない。

2003/07/02
競馬アナリストGM



[Home]