毎日杯
2020/3/28 阪神競馬場 芝1800m

レース展望

皐月賞の東上最終便。過去10年で1番人気は[4−1−3−2]で5連対。前走G2、G3出走馬は[3−1−2−0]で複勝率100%。2番人気は[2−2−2−4]で4連対、3番人気は[2−3−2−3]で5連対。連対馬18頭が5番人気以内、残る3頭は6、7番人気。最近5年の馬連は56倍、6倍、3倍、6倍、12倍。最近は人気馬同士で堅い決着が多い。

連対馬14頭が前走4着以内。前走5着以下から連対した6頭は前走重賞で5〜7着。前走8着以下は[0−0−1−12]。前走重賞以外は1勝クラス連対馬が7連対、新馬戦が1連対。未勝利、OP特別は連対なし。ノーザンファーム生産馬は[4−7−4−20]で勝った4頭は1、2番人気。社台ファーム生産馬は[1−2−3−13]で3連対。社台系生産馬に注目。

アルジャンナは2走前の東スポ杯2歳Sでコントレイルに0.8秒差の2着。前走きさらぎ賞は単勝1.5倍の断然人気に支持されたが、5番手からメンバー最速の33.7秒で伸びて0.1秒差の3着。飛びが大きくエンジンの掛かりが遅く、勝負どころで前に離されたことが堪えた。断然人気の川田騎手は八百長のような騎乗で不振に終わることが多い。ヒューイットソン騎手が騎乗する。

サトノインプレッサは芝1600m、重馬場の新馬戦、こぶし賞をメンバー最速上がりで2連勝。前走こぶし賞は最後方からメンバー最速の34.9秒で差し切り1分38秒9で優勝。2着ギルデッドミラーは次走1勝クラスを好タイムで2馬身半差で圧勝した。矢作厩舎のディープインパクト産駒。金曜、土曜は雨が降る予報が出ている。川島騎手から武豊騎手に乗り替わる。

前走きさらぎ賞2着のストーンリッジ、前走アルメリア賞2着のダノンアレー、前走ダートの新馬戦を勝ったキズナ産駒のアーヴィンドなど。ストーンリッジは前走きさらぎ賞で2番手から抜け出したが、最後にコルテジアに交わされてクビ差の2着。それほど切れないコルテジアに切れ負けした。マウントシャスタ、ベルキャニオンの全弟。立ち回りが上手いタイプ。岩田望騎手は重賞初制覇なるか。



[Home]