日経賞
2020/3/28 中山競馬場 芝2500m

レース展望

天皇賞(春)のステップレース。過去10年で1番人気は[3−2−1−4]で5連対。単勝1倍台は[0−0−1−1]、2倍台は[3−2−0−0]、3倍以上は[0−0−0−3]。単勝1倍台と単勝3倍以上は不振。2番人気は[1−2−0−7]で3連対、3番人気は[2−0−2−6]で2連対。6〜9番人気が4連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は21倍、3倍、63倍、58倍、6倍で中穴決着が多い。

中山で行われた9年の連対馬18頭のうち8頭に中山芝2000m以上の重賞で3着以内があった。有馬記念、AJCC、日経賞で3着以内がある馬に注目。トリッキーな中山の長距離戦で適性の差が出やすい。6番人気以下で連対した6頭のうち2頭に芝2200〜2500mのG2で連対があり、4頭に中山芝2200〜2500mで3着以内があった。距離実績とコース実績が問われる。穴でこれらを満たす馬、特に4歳馬に注意。

ミッキースワローは前4走七夕賞1着、オールカマー2着、福島記念3着、AJC杯4着でひとつずつ着順を下げている。前走AJC杯は中団の外からメンバー3位タイの36.5秒で伸びて0.6秒差の4着。マイネルフロストが故障した煽りを受ける不利があった。稍重の馬場も影響したか。中山のG2では[1−2−0−1]。別定G2で56キロで出走できる。土曜は雨が降る予報が出ている。渋った馬場と距離がカギになる。

エタリオウは18年に青葉賞、神戸新聞杯、菊花賞で2着に入り、昨年の日経賞で2着に入ったが、その後は4、9、5、7、10着で不振が続いている。芝2400〜2500mは[0−5−0−4]でG2では[0−3−0−1]で複勝率80%。ステイゴールド産駒でこれくらいの距離が合うタイプ。休み明けでどこまで仕上がってくるか。先週の阪神大賞典をユーキャンスマイルで勝ったテン乗りの岩田康騎手が騎乗する。

昨年のオールカマー勝ち馬スティッフェリオ、前走日経新春杯を勝ったモズベッロ、前走AJC杯5着のサトノクロニクル、前走日経新春杯2着のレッドレオン、前走3勝クラスを勝ったサンアップルトンなど。スティッフェリオはオールカマーをスローペースで逃げ切った。距離延長、他馬より重い57キロがどう出るか。丸山騎手から田辺騎手に乗り替わる。モズベッロは日経新春杯を勝ったが、今回は4キロ重い56キロを背負う。重馬場のセントライト記念で17着に終わったが、本来は道悪は合うタイプ。



[Home]