京都記念
2020/2/16 京都競馬場 芝2200m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−2−2−4]で4連対。最近6年は[0−1−2−4]で1連対のみ。ジェンティルドンナ6着、ハープスター5着、レイデオロ3着に終わった。2番人気は[0−1−5−4]で1連対、3番人気は[2−4−1−3]で6連対。最近5年の馬連は30倍、28倍、36倍、28倍、15倍で中穴決着が多い。

牝馬は[1−3−0−14]、5番人気以内なら[1−3−0−5]。連対した4頭には京都芝2000m以上のG2以上で3着以内があった。1番人気のジェンティルドンナ、ハープスターはこれを満たさず6、5着に終わった。1〜3着馬全てにG1、G2連対またはG3勝ちがあった。G2でレベルが高く、重賞実績が問われている。

カレンブーケドールは[2−4−2−1]でオークス2着、秋華賞2着、ジャパンC2着がある。前走ジャパンCは1枠1番から内ラチ沿いの4番手から直線で先頭に立ち、メンバー5位タイの36.9秒でまとめて0.1秒差の2着。今回も牡馬が相手になるが、重賞勝ちがないため53キロで出走できる。津村騎手が積極策で押し切るか。

クロノジェネシスは[4−1−2−1]で桜花賞3着、オークス3着、秋華賞1着。前走エリザベス女王杯は5、6番手からメンバー3位タイの33.3秒で伸びて0.3秒差の5着。速い上がりを繰り出したが、勝負どころで前に離されたことが堪えた。カレンブーケドールより1キロ重い54キロを背負う。G1馬が距離を克服して地力を示すか。

前走AJCC2着のステイフーリッシュ、18年の京都2歳S勝ち馬クラージュゲリエ、昨年の京都大賞典勝ち馬ドレッドノータス、18年の宝塚記念3着馬ノーブルマーズ、前走愛知杯2着のアルメリアブルームなど。ステイフーリッシュは芝2200m重賞[1−2−0−0]で京都では京都新聞杯1着、京都記念2着がある。前走AJCC2着はルメール騎手の好騎乗もあったか。テン乗りの岩田騎手に乗り替わる。

クラージュゲリエは昨年皐月賞5着、ダービー6着に善戦した。G1では通用しなかったが、相手なりに走るタイプで55キロで出走できる。テン乗りの川田騎手が騎乗する。アルメリアブルームは前走愛知杯で中団の内からメンバー2位の36.4秒で伸びてクビ差の2着。エリザベス女王杯では4着クロノジェネシスに0.4秒差の8着。直線が平坦のコースが合うタイプで緩い馬場も苦にしない。フォーリー騎手が持ってくるか。



[Home]