共同通信杯
2020/2/16 東京競馬場 芝1800m

レース展望

過去10年で1番人気は[1−3−2−4]で1勝のみ。単勝1倍台は[0−3−1−2]、2倍台は[1−0−1−1]、3倍台は[0−0−0−1]。2番人気は[2−2−1−5]で4連対、3番人気は[4−2−2−2]で6連対。最近5年の馬連は7倍、96倍、34倍、50倍、3倍。中穴を狙うのが妙味。

連対馬15頭が前走連対、18頭が前走3着以内。前走4、5着は[0−0−0−12]、6〜9着は[0−1−1−20]、10着以下は[0−0−2−10]。前走3着以内に入った馬に注目。6番人気で連対した4頭のうち3頭に芝2000mで1着があり、残る1頭に芝1800mで1着があった。このタイプに注意。

マイラプソディは新馬、野路菊S、京都2歳Sを最速上がりで3連勝。前走京都2歳Sは後方から最速の35.9秒で差し切って2分1秒5で2馬身差で圧勝。友道厩舎のハーツクライ産駒。左回りと渋った馬場は中京の新馬戦、芝1800mは野路菊Sで経験済み。過去10年で武豊騎手は[0−0−1−4]で3着止まり。

フィリオアレグロは東京芝2000mの新馬戦を4番手から3位の34.4秒で抜け出して2分1秒7(重)で優勝。2着レッドルレーヴは次走未勝利戦を勝っている。堀厩舎の管理馬でサトノクラウンの半弟。新馬戦で東京の道悪を経験している。過去10年で前走新馬戦は[1−1−0−5]。鞍上はMデムーロ騎手。

札幌2歳S3着馬ダーリントンホール、前走京成杯4着のビターエンダー、未勝利&きんもくせい特別を連勝したココロノトウダイ、前走新馬戦を勝ったサトノインプレッサなど。ダーリントンホールは札幌2歳Sで0.5秒差の3着。前走葉牡丹賞は0.2秒差の3着。馬主はゴドルフィン。東京コースで一変するか。

ビターエンダーは前走京成杯で中団の後ろから伸びて0.5秒差の4着。相沢厩舎のオルフェーヴル産駒。叩き2戦目、東京コースでどこまで変わるか。ミナリク騎手に乗り替わる。ココロノトウダイは芝1800mで[2−1−0−0]で上がりは全て最速。フェアリーポルカの半弟。4戦連続で丸山騎手が騎乗する。



[Home]