クイーンC
2020/2/15 東京競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[5−1−1−3]で6連対。単勝1倍台は[2−0−0−1]、2倍台は[3−0−0−2]だが、3倍台は[0−1−1−0]は未勝利。2番人気は[3−1−3−3]、3番人気は[1−3−0−6]で各4連対。最近5年の馬連は17倍、13倍、13倍、40倍、2倍で中穴までに収まっている。

連対馬17頭が前走5着以内。6着以下から連対した3頭は前走重賞で6着だった。前走重賞で2〜6着に負けた馬が巻き返すことが多い。前走10着以下は[0−0−1−14]。前走1勝クラスは連対が条件。関東馬は[7−7−7−91]、関西馬は[3−3−4−21]。穴で芝1600m実績のある関東馬に注意。

ルナシオンは東京芝1800mの新馬戦をメンバー3位の34.3秒で差し切り1分53秒0(稍重)で優勝。藤沢和厩舎の管理馬で半兄スワーヴリチャードは共同通信杯を勝っている。同コース、道悪を経験しているのは強み。過去10年で前走新馬戦は[0−1−2−12]。ルメール騎手がデータを破って持ってくるか。

マジックキャッスルはサフラン賞でクビ差の2着に負けたが、勝ったマルターズディオサは阪神JFで2着に入った。前走ファンタジーSはに1馬身差の2着に負けたが、勝ったレシステンシアは阪神JFを制した。国枝厩舎の管理馬でソーグリッタリングの半妹。初の左回りに戸惑わなければ。フォーリー騎手に乗り替わる。

京都2歳S2着馬ミヤマザクラ、新馬&百日草特別を連勝したホウオウピースフル、新馬戦を圧勝したアカノニジュウイチ、前走千両賞を勝ったシャンドフルールなど。今週もDコースで行われる。過去10年でノーザンF生産馬は[5−5−5−19]、社台F生産馬は[1−2−2−24]。今年も社台系生産馬に注目。

ミヤマザクラは京都2歳Sでマイラプソディに0.3秒差の2着。マウントロブソン、ポポカテペトル、ボスジラの全妹。距離短縮で新味を出すか。ホウオウピースフルは前走百日草特別をメンバー最速の33.6秒で抜け出して2馬身差で圧勝。大竹厩舎のブラストワンピースの半妹。久々でどこまで仕上がってくるか。



[Home]