東京新聞杯
2020/2/9 東京競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[1−1−2−6]で2連対のみ。単勝3倍以上は[0−1−1−5]で不振。前走重賞に出走した馬は[0−0−2−4]で3着止まり。2番人気は[2−0−2−6]で2連対、3番人気は[3−1−0−6]で4連対。6〜9番人気が6連対、10番人気以下は[0−0−1−58]で3着止まり。最近5年の馬連は146倍、46倍、31倍、24倍、18倍で中穴以上が続いている。

前走1着は[3−3−1−17]、前走2着は[2−1−2−8]、前走3着は[0−0−2−9]。前走OP以上で5〜7着に負けた馬が巻き返すことが多い。前走10着以下は[0−1−1−41]で唯一連対した馬は前走G1に出走していた。6番人気以下で連対した6頭は前走OP以上で2、5、6、6、7、9着に負けていた。穴で2走前に4着以内に入り、前走OP以上で6着前後に負けた馬に注意。

レッドヴェイロンは[4−5−2−1]、外国人騎手では[3−4−1−0]で3着以内を確保。東京芝1600mは[2−1−1−0]でNHKマイルC3着がある。前走キャピタルSは不良馬場を克服して0.3秒差の2着に入った。半姉レッドオルガは昨年の東京新聞杯で2着に入っている。ルメール騎手では[3−1−0−0]で好相性。石坂厩舎は16年ローズS・シンハライト以来の重賞制覇なるか。

ヴァンドギャルドは条件戦を3連勝してオープン入り。ここにきて好位からひと脚使って抜け出すレースができるようになった。芝1600mは[3−0−0−1]で条件戦では3戦3勝。これまで重賞では[0−0−2−3]で東スポ杯2歳Sと毎日杯で3着がある。前3走は55キロだったが、56キロでは[0−0−1−2](全て重賞)で連対がない点がどう出るか。今年の重賞で福永騎手は[0−0−0−4]。

昨年のヴィクトリアマイル2着馬プリモシーン、昨年の富士S2着馬レイエンダ、18年エプソムC勝ち馬サトノアーサー、昨年の中京記念2着馬クリノガウディー、昨年のフローラS2着馬シャドウディーヴァ、18年のNHKマイルC勝ち馬ケイアイノーテック、昨年のNHKマイルC2着馬ケイデンスコールなど。今年は重賞勝ちのないレッドヴェイロン、ヴァンドギャルドが1、2番人気。波乱ムードが漂っている。

プリモシーンは昨年ダービー卿CT2着、ヴィクトリアマイル2着、中京記念3着に入ったが、府中牝馬Sは15着、マイルCSは11着に終わった。東京芝1600mは[1−1−0−1]。初めて56キロを背負うが、得意コースで巻き返すか。鞍上はテン乗りのMデムーロ騎手。レイエンダは昨年エプソムCを2番手から粘って勝ち、富士Sを大外から追い込んで0.1秒差の2着。東京芝は[2−1−0−2]でひと桁馬番なら[2−1−0−0]。前走マイルCS15着は大外17番だった。テン乗りの丸山騎手が騎乗する。



[Home]