京都金杯
2019/1/5 京都競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[3−2−1−4]で5連対。単勝1倍台は[1−0−0−0]、2倍台は[1−1−0−1]、3倍以上は[1−1−1−3]。単勝3倍上は取りこぼしが多い。2番人気は[0−1−1−8]で1連対、3番人気は[2−2−0−6]で4連対。6〜9番人気が4連対、10番人気以下が1連対。最近5年の馬連は23倍、154倍、11倍、20倍、20倍で中穴決着が多い。

関東馬[1−1−2−24]、関西馬[9−9−8−108]。関東馬は3番人気の2頭が連対。人気の関西馬を重視。牡馬[9−10−7−117]、牝馬[1−0−3−15]。5番人気以内の牝馬は[1−0−0−5]で不振。穴で関西牡馬に注意。連対馬6頭が前2走以内にマイルCSに出走し、5、6、6、7、9、15着。マイルCSで善戦した馬がメンバーが弱くなった京都金杯で激走している。

カテドラルは芝1600m[0−1−1−3]でアーリントC2着、NHKマイルC3着がある。前走マイルCSは後方2番手からメンバー最速の33.4秒で追い込んで0.5秒差の6着。直線で馬群を捌きながら伸びてきたが、最後に前が壁になって追えなかった。スムーズなら3着以内があったかもしれない。今回は前走より1キロ軽い55キロで出走できる。過去10年で武豊騎手は[2−1−1−5]で現在2連勝中。

ソーグリッタリングは昨年エプソムC、関屋記念で好位から伸びて0.3秒差、0.1秒差の3着に入った。京都芝外は[3−3−1−0]、京都芝外1600mは[1−2−0−0]の巧者。まだ京都外回りでは馬券圏内を外したことがない。今回は叩き3戦目、得意の京都外回り、56キロ、[2−0−0−0]の川田騎手と条件が好転する。過去10年で6歳馬は[4−2−2−36]、5番人気以内なら[3−2−0−7]。

スワンS勝ち馬ダイアトニック、前走元町Sを勝ったモズダディー、前走リゲルSを勝ったストロングタイタン、同3着のサウンドキアラ、米子S勝ち馬オールフォーラヴ、スプリングS勝ち馬エメラルファイト、前走キャピタルSを勝ったドーヴァー、前走阪神カップ3着のメイショウショウブなど。トップハンデは57キロのストロングタイタン、ダイアトニック。昨年と同様に57.5キロ以上を背負う馬がいない。

ダイアトニックは前走マイルCSで後方のまま10着に終わった。京都芝は[5−0−0−1]だが、芝1600mの克服が課題。[4−0−1−1]の北村友騎手が騎乗する。モズダディーは芝1600m[3−1−1−1]の巧者。過去10年で前走3勝クラス勝ち馬は[0−2−0−11]。メイショウショウブは芝1600m[0−2−2−2]でデイリー杯2歳SとニュージーランドTで2着がある。前走より1キロ軽い53キロで出走できる。


レース回顧

2020年 1月 5日(日) 1回京都1日  天候: 曇   馬場状態: 良 
11R  第58回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 1600m・外   18頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 2  3  サウンドキアラ     牝 5 松山弘平  53  1.34.0 34.6  3 458 (栗)安達昭夫
2 3  6  ダイアトニック     牡 5 北村友一  57  1.34.2 34.3  2 484 (栗)安田隆行
3 4  7  ボンセルヴィーソ   牡 6 太宰啓介  54  1.34.4 35.3 14 478 (栗)池添学
4 8 18  ソーグリッタリング 牡 6 川田将雅  56  1.34.8 35.1  4 492 (栗)池江泰寿
5 7 14  ブレステイキング   牡 5 藤岡佑介  56  1.34.8 34.5  8 478 (美)堀宣行
6 1  1  エメラルファイト   牡 4 石川裕紀  56  1.34.9 35.5 12 460 (美)相沢郁
7 4  8  ドーヴァー         牡 7 福永祐一  56  1.35.0 35.0  6 504 (美)伊藤圭三
7 8 16  エントシャイデン   牡 5 坂井瑠星  54  1.35.0 34.5 13 488 (栗)矢作芳人
9 2  4  オールフォーラヴ   牝 5 和田竜二  54  1.35.0 35.4  9 462 (栗)中内田充
10 3  5  メイケイダイハード 牡 5 柴山雄一  53  1.35.1 34.9 18 542 (栗)中竹和也
11 7 15 $モズダディー       牡 5 酒井学    54  1.35.3 36.1  5 496 (栗)藤岡健一
12 5  9 $ストロングタイタン 牡 7 幸英明    57  1.35.4 35.2 11 548 (栗)池江泰寿
13 6 12  タイムトリップ     牡 6 岩田康誠  54  1.35.8 35.4 16 500 (美)菊川正達
14 1  2  マルターズアポジー 牡 8 松若風馬  56  1.35.9 36.9 15 528 (美)堀井雅広
15 5 10  マイネルフラップ   牡 4 国分優作  53  1.36.0 35.6 17 488 (栗)梅田智之
16 8 17  メイショウショウブ 牝 4 池添謙一  53  1.36.0 36.5  7 500 (栗)池添兼雄
17 7 13  カテドラル         牡 4 武豊      55  1.36.1 35.7  1 494 (栗)池添学
18 6 11  ハッピーグリン     牡 5 吉田隼人  55  1.36.2 36.3 10 466 (栗)長谷川浩
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.1-11.0-11.8-12.2-11.9-11.9-11.4-11.7
通過:34.9-47.1-59.0-70.9  上り:70.9-59.1-46.9-35.0  平均:1F:11.75 / 3F:35.25
単勝   3 \550 
複勝   3 \200 / 6 \210 / 7 \1100 
枠連   2-3 \1190 (5) 
馬連   03-06 \1260 (3) 
ワイド 03-06 \530 (2)/ 03-07 \3160 (38)/ 06-07 \4360 (46) 
馬単   03-06 \2370 (5) 
3連複 03-06-07 \21910 (68/816) 
3連単 03-06-07 \83460 (265/4896) 

サウンドキアラは内枠スタートから内の4番手につけ、メンバー4位の34.6秒で抜け出してレースを制した。勝ちタイムは1分34秒0。マルターズアポジーが逃げて前半3F34.9秒、5F59.0秒の緩い流れでラスト4Fは11.9−11.9−11.4−11.7秒。昨年10月以来となるAコースで内を通ってある程度前につけた馬が有利になった。サウンドキアラは好位から抜け出す正攻法のレースで快勝。これで京都芝外1600mは[3−1−0−0]。京都巧者が内を通った馬が有利な馬場、前残りの展開、軽ハンデ53キロを味方に重賞初制覇を飾った。過去2年はAコースでも外めの枠から外を通った馬で決着したが、今年は以前の傾向に戻り内を通った馬が有利になった。京都金杯は馬場、展開に左右されやすい傾向がある。武豊騎手で勝ち切れなかった馬が松山騎手に乗り替わって重賞制覇。リスグラシューもそうだが、武豊騎手から乗り替わると一変する馬が多いので注意したい。賞金を加算できたため、今後は阪神牝馬Sあたりを使ってヴィクトリアマイルを目指すことになりそうだ。

ダイアトニックは3枠6番スタートから中団の内を進み、直線で内から捌いてメンバー最速の34.3秒で伸びて0.2秒差の2着。距離1600mに不安があるため、北村友騎手が内をロスなく回って切れ味を引き出した。ただし直線では逆手前のまま走っていた。マイルCSは外枠から外を回って惨敗したが、ロスなく回ればマイルも守備範囲なのだろう。ロードカナロア産駒で馬体の造りが目立つ馬。重賞を使われて少しずつ地力が強化されている。昨年のスワンSで大外一気を決めた馬。安田隆厩舎の管理馬だけに阪急杯から高松宮記念を使う可能性もありそうだ。

ボンセルヴィーソは好スタートからマルターズアポジーにハナを譲って2番手につけ、メンバー9位の35.3秒で伸びて0.4秒差の3着。太宰騎手がスタートを決めて直線で早めに先頭に立って粘らせた。これで京都では[3−1−3−1]で複勝率87.5%。休み明けを除き芝1600m重賞では[0−1−4−0]。前走3勝クラスを勝って昇級戦、近走不振の芝1600mで14番人気だったが、激走する下地はあったか。最近はマイル重賞でダイワメジャー産駒の激走が目立つため注意したい。

ソーグリッタリングは中団の外からメンバー7位の35.1秒で伸びて0.6秒差の4着。直線で外から前を捕まえる勢いで伸びてきたが、ラスト1Fで一杯になった。Aコースで内を通って前に行った馬が有利な馬場&展開で大外18番枠では厳しかった。川田騎手は騎乗馬が不利な枠に入ると覆せないことが非常に多い。不利な枠に入ったときは人気でも軽視する手も一考。

ドーヴァーは中団の後ろからメンバー6位の35.0秒で伸びて1.0秒差の7着。11〜1月は[6−1−2−0]でこの時期走るが、切れより地力タイプで消耗戦に強いタイプ。流れが速くならず前残りの展開では厳しかった。テン乗りの福永騎手が影響したのか、直線で内にモタれてエンジンの掛かりが遅れたことも堪えている。左回りの東京コース、右回りでは消耗戦になりそうなときに注意したい。

カテドラルは後方のまま全く伸びずに2.1秒差の17着。スタート後に挟まれて位置取りが悪くなり、その後は前の馬が跳ね上げた泥を被ったことが影響したのはフワフワして折り合いを欠き、直線で外に出すも全く伸びなかった。仕上がりは良かったが、良発表でも緩い馬場も影響して全く力を出していない。マイネルフラップの国分優騎手が1番人気のカテドラル(武豊騎手)の外からマークしていたのが印象的。こういう騎乗をした騎手は近々重賞で激走するので注意したい。



[Home]