デイリー杯2歳S
2019/11/9 京都競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[3−3−1−3]で6連対。単勝1倍台は[1−1−0−0]、2倍台は[2−2−1−3]で単勝1倍台は堅実。2番人気は[3−1−3−3]で4連対、3番人気は[0−1−2−7]で1連対のみ。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、6、8番人気。最近5年の馬連は17倍、2倍、75倍、15倍、20倍。上位人気馬の組み合わせを中心に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

連対馬20頭のうち18頭が前走1着。残る2頭は小倉2歳S2着、野路菊S5着。前走6着以下は[0−0−0−16]で出番なし。前走新馬戦、未勝利戦に出走した馬が計7勝。初勝利を挙げた馬でも通用する。前走1番人気は[5−6−5−23]、デイリー杯2歳Sで5番人気以内なら[5−6−5−9]。連対馬20頭のうち16頭が前走1、2番人気に支持されていた。前走1、2番人気だった馬に注目。

サクセッションは芝1600mの新馬、アスター賞を2連勝。前走アスター賞は途中からハナを切ってメンバー2位タイの33.9秒で後続を引き離し1分34秒6で優勝。ラスト3Fを11.5−11.1−11.3秒でまとめている。キャロットファームで5000万円で募集された国枝厩舎のキングカメハメハ産駒で全兄にクルーガーがいる。過去10年で関東馬は[0−0−0−5]。マーフィー騎手が騎乗する。

ペールエールは中京芝1400mの新馬戦を先行抜け出しで勝ち、前走新潟2歳Sを好位からメンバー2位の33.1秒で上がって0.1秒差の2着。ウーマンズハートに切れ負けしたが、3着のビッククインバイオはアルテミスSで3着、4着クリアサウンドはファンタジーSで3着に入った。セレクトセールで3888万円で取り引きされたダイワメジャー産駒。アドマイヤマーズのようなタイプか。鞍上はMデムーロ騎手。

阪神芝1800mの新馬戦を勝ったレッドベルジュール、小倉2歳S2着馬トリプルエース、前走阪神芝1600mの新馬戦を勝ったシンハライトの全妹ライティア、前走1勝クラスを勝ったゼンノジャスタなど。レッドベルジュールは新馬戦を2番手からメンバー最速の33.8秒で抜け出して優勝。藤原英厩舎のディープインパクト産駒でレッドベルローズ、レッドベルディエスの全弟。福永騎手から武豊騎手に乗り替わる。



[Home]