武蔵野S
2019/11/9 東京競馬場 ダ1600m

レース展望

チャンピオンズCの前哨戦。過去10年で1番人気は[3−2−1−4]で5連対。単勝1倍台は[0−1−1−0]で未勝利。前走東京ダートで連対した馬は[3−2−1−1]で堅実。2番人気は[1−1−1−7]で2連対、3番人気は[0−1−1−8]で1連対のみ。6〜9番人気は6連対、10番人気以下は1連対。最近5年の馬連は19倍、32倍、44倍、139倍、39倍で中穴以上の決着が多い。

連対馬15頭にダート重賞で3着以内があった。G1前哨戦でレベルが高く、重賞実績馬が中心になる。重賞で3着以内がない5頭は前走OP特別を勝っていた。OP特別を勝った勢いで激走する馬が多い。関東馬[2−0−1−37]で2連対、関西馬[8−10−9−91]で18連対。8年で関西馬がワンツーを決めている。ダート重賞は他のレースでも関西馬の活躍が目立つ。ダート重賞実績がある関西馬に注目。

エアアルマスはダートを使って安芸S、エニフS、太秦Sを3連勝。前走太秦Sは好位から抜け出して1分49秒1(不良)の好タイムで2馬身半差で圧勝。2着ヴェンジェンスは次走みやこSを制した。父マジェスティックウォリアー、母の父エンパイアメーカー。マジェスティックウォリアー産駒のベストウォーリアは東京ダ1600m巧者だった。鞍上は先週のみやこSで1番人気のインティに騎乗していた川田騎手。

サンライズノヴァは前走南部杯で好位から抜け出して1分34秒2で制しG1初制覇を勝った。これまでは戸崎騎手が騎乗して追い込むレースをしていたが、吉原騎手が騎乗してレースぶりが一変した。東京ダートは[6−3−0−4]、東京ダ1600mは[4−1−0−3]で昨年の武蔵野Sをメンバー最速の34.8秒で差し切り1分34秒7(稍重)で勝っている。最初の芝と斤量59キロがどう出るか。

中京記念勝ち馬グルーヴィット、ユニコーンS2着馬デュープロセス、17年のフェブラリーS3着馬フジテイク、前走シリウスS6着のタイムフライヤー、前走ラジオ日本賞3着のスウィングビート、2走前にアハルテケSを勝ったワンダーリーデルなど。グルーヴィットはダート2戦2勝で新馬、500万条件を勝っている。前走京成杯AHで11着に終わり、ダートに使ってきた。松山騎手からスミヨン騎手に乗り替わる。

デュープロセスは東京ダート[2−2−0−1]、東京ダ1600m[1−1−0−0]でユニコーンSでワイドファラオに頭差の2着がある。前走グリーンチャンネルCは中団から伸び切れず5着。叩き2戦目でどこまで変わってくるか。福永騎手からルメール騎手に乗り替わる。ワンダーリーデルは前3走欅S3着、アハルテケS1着、グリーンチャンネルC3着。過去10年で横山典騎手は[0−0−0−6]で不振。



[Home]