ファンタジーS
2019/11/2 京都競馬場 芝1400m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−1−3−4]で3連対。前走芝1200mは[0−0−2−0]、芝1400mは[0−1−0−3]、芝1600mは[2−0−1−1]。2番人気は[1−0−0−9]、3番人気は[0−1−3−6]で各1連対のみ。6〜9番人気が5連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は200倍、61倍、102倍、26倍、7倍で万馬券が2回。上位人気に人気薄を絡めて中穴以上を狙うのが妙味。

連対馬14頭が前走連対。残る6頭のうち5頭は前走OP以上で6着以下に負けていた。前走10着以下は[1−0−0−7]で1連対のみ。前走1勝クラス勝ち馬は[0−0−0−6]で不振。[0−2−1−4]の2着馬に注意。6番人気以下で連対した7頭のうち6頭が前走OP以上に出走し、4頭にOP以上で5着以内の実績があった。この時期の2歳重賞はOP以上の経験がモノをいう。前走OP以上で負けた馬の巻き返しに注意。

ヤマカツマーメイドは札幌芝1500mの未勝利戦(稍重)、りんどう賞を2連勝。前走りんどう賞は3番手からメンバー4位タイの34.6秒で抜け出して1分21秒4で優勝。池添厩舎のロードカナロア産駒で半兄にヤマカツエースがいる。切れより地力タイプである程度前につけてしぶとい脚を使える。少し荒れている馬場が合うが、今週からBコースに変更される。過去10年で前走りんどう賞勝ち馬は[0−0−0−4]で不振。

マジックキャッスルは福島芝1200mの新馬戦を3番手からメンバー最速の34.8秒で抜け出して4馬身差で圧勝。前走サフラン賞は休み明け、距離延長、馬体8キロ増が堪えたのか、最後にマルターズディオサに差されてクビ差の2着。国枝厩舎のディープインパクト産駒でソーグリッタリングの半妹。距離1F短縮は良さそうだが、小柄な牝馬だけに長距離輸送を克服できるかがカギ。過去10年で関東馬は[1−0−1−10]。

前走ききょうS3着のシャレード、すずらん賞勝ち馬ケープコッド、ダリア賞勝ち馬エレナアヴァンティ、京都芝内1400mの新馬戦を勝ったレシステンシアなど。シャレードは中京芝1400mの新馬戦(重)を好位から抜け出して3馬身半差で圧勝。前走ききょうSは中団から伸び切れず0.3秒差の3着。上がりが速過ぎたか。藤原英厩舎のダイワメジャー産駒では全兄にダノンメジャーがいる。福永騎手がペコリーノロマーノに騎乗するため、川田騎手に乗り替わる。



[Home]