秋華賞
2019/10/13 京都競馬場 芝2000m

レース展望

牝馬3冠の最終戦。過去10年で1番人気は[4−1−2−3]で5連対。オークス馬は[4−1−1−0]、桜花賞3着以内は[3−1−2−0]。単勝2.4倍以上は[1−0−0−3]で不振。2番人気は[2−2−1−5]で4連対、3番人気は[4−1−1−4]で5連対。連対馬18頭が5番人気以内、残る2頭は6、7番人気。最近5年の馬連は6倍、27倍、35倍、15倍、8倍で中穴までに収まっている。

過去10年の連対馬は全て前走5着以内。前走6着以下は[0−0−2−59]で3着に入った2頭は前走ローズS7、18着だった。ローズS以外で前走6着以下は[0−0−0−25]。前走重賞以外は[1−2−2−58]、5番人気以内なら[1−2−0−1]で人気馬なら堅実。連対馬18頭に重賞3着以内があった。春のクラシックで好走し、前走ローズSまたは紫苑Sで5着以内に入った馬が活躍している。

ダノンファンタジーは[5−1−0−2]でファンタジーS、阪神JF、チューリップ賞、ローズSを優勝。春の桜花賞は4着、オークスは5着に終わった。前走ローズSは中団からメンバー最速の33.1秒で差し切り1分44秒4のレコードで優勝。距離延長、高速決着に対応し能力を示した。これまで全て直線の長いコースで走っており、直線の短い内回りを走るのは初めて。初の芝2000m、内回りを克服できるかがカギ。

カレンブーケドールは[2−2−2−1]で春はスイートピーSを勝ち、オークスで4番手からメンバー5位の35.1秒で上がってクビ差の2着。12番人気の低評価を覆した。前走紫苑Sは2番手からメンバー7位タイの34.0秒で抜け出したが、最後に交わされて0.1秒差の3着。過去10年で前走紫苑S3着以下は[0−1−0−29]。国枝厩舎は栗東留学させず、長距離輸送を選択。このあたりがどう出るか。

桜花賞&オークス3着馬クロノジェネシス、フラワーC勝ち馬コントラチェック、ローズS2着馬ビーチサンバ 、同4着馬シゲルピンクダイヤ、紫苑S勝ち馬パッシングスルー、同2着馬フェアリーポルカ、2連勝中のエスポワール、3連勝中のサトノダムゼルなど。過去10年で桜花賞馬、オークス馬の出走がないのは初めて。G1馬は阪神JFを勝ったダノンファンタジーしかいない。台風の影響で馬場も気になるところ。

クロノジェネシスは[3−1−2−0]で3着以内を確保。桜花賞3着は道中スムーズさを欠き、直線で追い出しが遅れるロスがあった。オークス3着は内が荒れた馬場、速い流れで前に行ったことが堪えている。過去10年でオークスから直行した馬は[1−0−0−9]で勝ったのは昨年のアーモンドアイのみ。コントラチェックは前走オークスで2番手から失速して9着。逃げたときは[3−0−0−0]。過去10年で逃げ馬は[0−2−0−8]でヴィルシーナ、ミッキーチャームが2着に粘っている。ルメール騎手が騎乗する。

ビーチサンバは前走ローズSで2番手から早めに先頭に立ち、メンバー3位タイの33.4秒でまとめてクビ差の2着。これまでと違うレースで新味を出した。母フサイチエアデールはローズS2着、秋華賞5着。福永騎手の立ち回りがカギ。パッシングスルーは前走紫苑Sを大外枠から3番手につけ、メンバー4位タイの33.8秒で抜け出し、フェアリーポルカとの叩き合いをハナ差で制して1分58秒3で優勝。1勝クラスと紫苑Sを2連勝し、小回りの芝2000m適性を示した。過去10年で紫苑S勝ち馬は[1−0−0−7]。

エスポワールは[3−1−1−0]で1勝クラス、2勝クラスを最速上がりで2連勝。前走シンガポールTC賞は2番手から抜け出して2分00秒8(重)で4馬身差で圧勝。過去10年で前走2勝クラスを勝った馬は[0−2−0−16]。Mデムーロ騎手からシュタルケ騎手に乗り替わる。サトノダムゼルは[3−0−0−0]で未勝利、1勝クラス、2勝クラスを3連勝。前走白井特別は2番手から抜け出して1分50秒1(重)で優勝。距離1F延長、長距離輸送を克服できるかがカギ。前2走騎乗したMデムーロ騎手が騎乗する。



[Home]