サウジアラビアRC
2019/10/5 東京競馬場 芝1600m

レース展望

過去5年で1番人気は[1−2−1−1]で3連対。勝ったのは昨年単勝1.3倍に支持されたグランアレグリアのみ。牡馬は[0−2−1−1]で2、3着が多い。2番人気は[1−2−1−1]で3連対、3番人気は[1−0−1−3]で1連対。連対馬10頭のうち9頭が4番人気以内、残る1頭は昨年7番人気で2着に入ったドゴール。馬連は21倍、9倍、10倍、5倍、20倍で20倍台までに収まっている。

前走新馬戦勝ち馬は[2−4−2−7]で6連対。2着と0.2秒差以内で勝った馬は[0−1−2−6]で不振。0.3秒差以上で勝った馬は[2−3−0−1]で堅実。今年はサリオス、ロードエクスプレスが該当する。牡馬は[4−5−4−37]で9連対、牝馬は[1−0−1−7]で1連対。4番人気以内の牡馬が活躍。昨年は1番人気の牝馬グランアレグリアが勝ったが、5番人気以下の牝馬は[0−0−0−7]で不振。

サリオスは東京芝1600mの新馬戦を中団からメンバー最速の33.1秒で差し切り、1分37秒1で2馬身差で圧勝。前半5F63.5秒のスローペースでラスト3Fは11.4−10.9−11.3秒。2着アブソルティスモは次走未勝利戦を断然人気で制した。ローズSとエプソムCで2着があるサラキアの半弟で堀厩舎のハーツクライ産駒。レーン騎手から石橋脩騎手に乗り替わる。6月以降の重賞で石橋脩騎手は[0−0−1−12]。

アブソルティスモは新馬戦をスローペースで逃げたが、サリオスに差されて2馬身差の2着。前走札幌芝1500mの未勝利戦は中団からメンバー最速の35.4秒で差し切りハナ差で辛勝。2着ヤマカツマーメイドは次走未勝利戦を1番人気で制した。レイデオロの半弟で藤沢和厩舎のダイワメジャー産駒。過去5年のサウジアラビアRCで藤沢和厩舎は[1−1−1−0]。ルメール騎手からテン乗りの戸崎騎手に乗り替わる。

新潟芝1400mの新馬戦を圧勝したロードエクスプレス、阪神芝1600mの新馬戦を勝ったクラヴァシュドール、新潟芝1600mの未勝利戦を圧勝したエンジェルサークルなど。少頭数でも素質の高い馬が揃った。ロードエクスプレスは新馬戦を3番手からメンバー最速の35.4秒で抜け出して3馬身半差で圧勝。坂口厩舎のキンシャサノキセキ産駒。今年の重賞で三浦騎手は[1−2−0−36]、4番人気以内では[0−0−0−8]。

クラヴァシュドールは新馬戦を4番手からメンバー最速の33.1秒で差し切り1分35秒4で優勝。2歳重賞に強い中内田厩舎のハーツクライ産駒。今年の重賞で中内田厩舎は4番人気以内なら[7−2−2−6]。エンジェルサークルは未勝利戦を中団からメンバー最速の33.9秒で差し切り1分35秒9で3馬身半差で圧勝。中川厩舎のロードカナロア産駒。田辺騎手から新馬戦で騎乗したMデムーロ騎手に乗り替わる。



[Home]