京成杯AH
2019/9/8 中山競馬場 芝1600m

レース展望

サマーマイルシリーズ最終戦。今年はグルーヴィット(10点)、クリノガウディー(5点)、ディメンシオン(3点)、ロードクエスト(2点)に優勝のチャンスがある。過去10年で1番人気は[3−0−0−7]で3連対。15年まで不振だったが、16年以降は[3−0−0−0]で堅実。2番人気は[4−1−2−3]で5連対、3番人気は[1−1−2−6]で2連対。最近5年の馬連は46倍、623倍、22倍、40倍、11倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴以上を狙うのが妙味。

連対馬20頭のうち9頭が前走連対。前走勝った馬が6勝。前走7〜9着と前走10着以下が各4連対。前走重賞なら着順は問われない。最近4年の連対馬8頭のうち5頭が前走9着以下。前走惨敗馬が巻き返している。トップハンデは[0−2−2−9]で連対した2頭は2、6番人気だった。1番人気はおらず、2番人気は[0−1−1−1]で複勝率67%。トップハンデは2番人気なら注目。53キロは3、13、14番人気、54キロは2、2、6、7、7番人気が連対。穴で軽量馬に注意。

グルーヴィットは初芝のファルコンSで0.1秒差の2着。NHKマイルCは直線で前が詰まってまともに追えず10着に終わったが、勝ち馬とは0.5秒差だった。前走中京記念は好位からメンバー6位の34.6秒で差し切って1分33秒6(稍重)で優勝。3歳馬で52キロの軽ハンデだった。今回は3キロ増の55キロを背負うが、ファルコンSが56キロだけに問題ないか。右回りはダートで勝っているが、芝では初めて。サマーマイルシリーズの優勝が懸かるため勝負モード。JRAが社台の馬をどの枠に入れてくるか注目したい。

クリノガウディーは朝日杯FSでアドマイヤマーズに0.3秒差の2着がある。その後はスプリングS6着、皐月賞16着、NHKマイルC14着と不振が続いたが、前走中京記念で中団からメンバー3位タイの34.4秒で伸びてハナ差の2着に入った。G1−2着馬だが、近走不振でグルーヴィットと同じ52キロの軽ハンデだった。今回は2キロ増えるがグルーヴィットより1キロ軽い54キロで出走できる。前走中京記念で差すレースをして脚質の幅を広げることができた。相性のいい森裕騎手から戸崎騎手に乗り替わる点がどう出るか。

前走関屋記念4着のディメンシオン、中山芝[2−2−2−0]のプロディガルサン、16年の京成杯AH勝ち馬ロードクエスト、フィリーズレビュー勝ち馬プールヴィル、朱鷺S勝ち馬ストーミーシー、前走豊明Sを勝ったトロワゼトワルなど。ディメンシオンは関屋記念で中団からメンバー3位の32.5秒で上がって0.1秒差の4着。今回は1キロ減の53キロで出走できる。中山では昨年のターコイズSで0.2秒差の5着がある。左回り巧者だが、内枠を引いてロスなく回って直線で捌ければ通用してもおかしくない。

プロディガルサンは中山芝1600m[1−1−1−0]。重賞では東スポ杯2歳Sと東京新聞杯で2着がある。相手なりに堅実に走るタイプ。国枝厩舎は昨年の京成杯AHをミッキーグローリーで制している。ロードクエストは昨年のスワンS以降[0−0−0−9]で3着以内がない。重賞3勝馬のため、トップハンデ57キロを背負う。少しずつ調子が戻ってきたMデムーロ騎手が持ってくるか。プールヴィルは芝1400m[3−1−0−0]でフィリーズレビューをノーワンと1着同着。芝1600mは[0−0−0−4]だが、阪神JF4着、桜花賞6着がある。ハンデは52キロ。秋山騎手が立ち回りの上手さを生かして粘り込むか。



[Home]