紫苑S
2019/9/7 中山競馬場 芝2000m

レース展望

過去10年で1番人気は[3−1−2−4]で4連対。オークスから直行した馬は[1−1−1−2]で2連対。2番人気は[2−1−0−7]で3連対、3番人気は[0−1−0−9]で1連対のみ。6〜9番人気は5連対、10番人気以下は1連対。最近5年の馬連は16倍、39倍、12倍、14倍、6倍で4年が10倍台までに収まっている。1番人気が信頼できれば、10倍前後を狙うのが妙味。

関東馬は[8−7−8−107]で15連対、関西馬は[2−3−2−25]で5連対。関西馬は5番人気以内[2−3−0−7]、6番人気以下[0−0−2−18]。6番人気以下で連対した6頭は全て関東馬。6番人気以下で連対した6頭のうち5頭が前走6着以下に負けていた。前走1000万条件以上なら前走着順は問われない。連対した6頭のうち5頭が前走4番人気以内。前走人気で負けた馬に注意。

カレンブーケドールは前走オークスで4番手から早めに押し上げて直線で先頭に立ち、メンバー5位の35.1秒で上がってクビ差の2着。1番人気のラヴズオンリーユーが差されたが、12番人気の低評価を覆し波乱を演出した。新馬戦でダノンキングリーの上がりを0.4秒上回って頭差の2着に入ったのはダテではない。秋の目標は次の秋華賞だが、紫苑Sで連対するくらいでないと秋華賞では通用しない。国枝厩舎が休み明けでどこまで仕上げてくるか、まずは最終調教の動き、馬体、気配に注目したい。引き続き津村騎手が騎乗する。

フローラS4着馬パッシングスルー、同5着馬フェアリーポルカ、前走織姫賞を勝ったレッドベルディエス、2走前に矢車賞を勝ったグラディーヴァ、2走前にミモザ賞を勝ったエアジーン、前走1勝クラスを勝ったアップライトスピン、ローズテソーロなど。パッシングスルーは[2−0−0−2]で前走福島芝2000mの1勝クラスは先行抜け出しで3馬身差で圧勝。勝負どころで早めに先頭に立ち、最後は流す余裕があった。紫苑Sで3着以内に入らないと秋華賞出走は厳しくなる。戸崎騎手は16年の紫苑Sをビッシュで勝っている。

フェアリーポルカはフローラSで0.1秒差の5着に終わったが、不利な大外18番枠から外を回るロスがあった。4着パッシングスルー(4枠8番)とはハナ差だった。阪神で2戦2勝。坂のある中山コースで変わり身に注意。レッドベルディエスは前走織姫賞を中団の外からメンバー3位の36.4秒で差し切って1分48秒4で優勝。重賞ではクイーンCで0.5秒差の5着がある。ルメール騎手は先週の重賞で1番人気のゴルコンダが6着、レイエンダが10着に終わった。今年の中山芝重賞でルメール騎手は[3−1−0−2]。



[Home]