北九州記念
2019/8/18 小倉競馬場 芝1200m

レース展望

サマースプリントシリーズの第3戦。過去10年で1番人気は[0−2−2−6]で2連対。前走重賞勝ち馬は[0−1−2−0]だが、前走重賞で負けた馬は[0−0−0−4]で不振。2番人気は[1−2−1−6]で3連対、3番人気は[1−1−1−7]で2連対。6〜9番人気が7連対、10番人気以下が3連対。ハンデ戦で半数が人気薄。最近5年の馬連は295倍、9倍、14倍、159倍、36倍で荒れている。

連対馬12頭が前走連対。前走重賞は4着以内が目安。前走重賞以外で7着前後に負けた馬の巻き返しが多い。前走10着以下は[1−0−3−43]で1連対のみ。最近の傾向から前走条件戦を勝った馬に注意。過去10年の勝ち馬は8、5、8、8、6、8、2、8、3、6番人気。6番人気以下で勝った7頭のうち5頭は前走重賞以外に出走していた。8番人気は[5−0−0−5]で5勝。ハンデ戦で人気薄が勝つことが多い。

ディアンドルは芝1200m[5−1−0−0]で現在5連勝中。前走葵Sは4番手からメンバー5位タイの33.7秒で抜け出して1分8秒0で優勝。頭差の2着アスターペガサスは次走52キロで出走した函館スプリントSで2着に入った。前3走は55キロを背負ったが、今回はハンデ戦で52キロで出走できる。過去10年で3歳馬は[0−2−2−16]、3番人気以内は[0−1−0−6]で不振。北九州記念は前半3F32秒台のハイペースになることが多い。例年通りの流れになると真価が問われる。北村友騎手に乗り替わる。

モズスーパーフレアは芝1200m[6−1−1−3]で逃げたときは[5−1−1−1]で前走高松宮記念15着を除き3着以内を確保。高松宮記念は中2週が影響したのか、馬体が6キロ減って気配が落ちていた。これまで中3週以内では[0−0−1−4]だが、中4週以上では[5−1−0−2]で18年3月以降は[5−1−0−0]。今回は初めての長期休み明けになるが、坂路で乗り込んで好タイムを連発している。過去10年の北九州記念で逃げ馬は[0−0−0−10]で不振。データを破って連対できるか。鞍上は松若騎手。

昨年小倉2歳S勝ち馬ファンタジスト、昨年の北九州記念勝ち馬アレスバローズ、4連勝中のミライアトーン、バーデンバーデンC勝ち馬カラクレナイ、同2着馬アンヴァル、昨年の北九州記念2着馬ダイメイプリンセス、前走葵S4着のディープダイバー、ひと叩きされたエントリーチケットなど。前走佐世保Sで大外一気を決めたエイシンデネブは除外対象。実力の接近したメンバーによるハンデ戦で今年もかなりの混戦メンバー。土日は雨は降らず、気温が高くなる予報。馬場は回復しそうだ。暑さに強いタイプ、特に牝馬の激走に注意。

ファンタジストは芝1400m以下[3−0−0−0]で昨年の小倉2歳Sを勝ったときと同じ54キロで出走できる。過去10年の北九州記念で武豊騎手は[2−0−1−3]。ロードカナロア産駒。本来の先行抜け出しで武豊騎手が持ってくるか。アレスバローズは昨年CBC賞と北九州記念を連勝。前走CBC賞は内から伸びてクビ差の2着。ハンデは前走と同じ57.5キロだが、昨年より1.5キロ重い。前3走は川田騎手が騎乗したが、昨年の北九州記念をアレスバローズで勝った菱田騎手に乗り替わる。今年も内を突く手か。

ミライアトーンは芝1200mで4連勝中の上がり馬。前走は出遅れたが、メンバー最速の33.0秒で差し切った。小倉芝1200mは2戦2勝。過去10年の北九州記念で浜中騎手は[0−0−0−6]。今年4月以降の重賞で池江厩舎は[0−1−3−16]で連対率5%。アンヴァルは重賞[0−0−0−6]で4着止まり。祖母アルーリングアクトは小倉3歳S1着、母アルーリングボイスは小倉2歳S1着、北九州記念2着。1週前に坂路で49.7秒の1番時計。先週のエルムSを勝った藤岡康騎手が騎乗する。ロードカナロア産駒。



[Home]