札幌記念
2019/8/18 札幌競馬場 芝2000m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−5−1−2]で7連対。単勝1倍台は[0−4−0−0]、2倍台は[1−0−1−2]、3倍台は[1−0−0−0]で単勝1倍台は全馬2着に負けている。2番人気は[3−0−2−5]で3連対、3番人気は[0−0−0−10]で連対なし。6〜9番人気は4連対、10番人気は1連対。最近5年の馬連は4倍、140倍、13倍、376倍、13倍で隔年で万馬券が出ている。

3歳[1−1−1−8]、4歳[3−1−2−24]、5歳[3−4−4−31]、6歳[3−1−1−24]、7歳以上[0−3−2−32]。4歳馬は4番人気以内[2−0−1−9]で2連対のみ。5歳馬は1番人気[2−4−1−0]、2番人気以下[1−0−3−31]。7、8歳で連対した3頭は5、8、12番人気。穴で高齢馬に注意。牝馬は[2−1−3−18]、4番人気以内の関西牝馬は[2−1−2−1]で堅実。

フィエールマンは[4−2−0−0]で連対率100%。昨年キャリア3戦で菊花賞を制し、今年はAJC杯でシャケトラに負けたが、天皇賞(春)を早め先頭から押し切って制した。芝2000mは初めてになるが、芝180mは[2−1−0−0]で小回りコースをこなしている。G1を2勝している馬が定量戦で他馬と同じ57キロで出走できる。凱旋門賞が目標だけに台風の影響で馬場が悪化したときにお茶を濁すようなことがなければ。今年の芝2000m以上の重賞でルメール騎手は1番人気なら[2−3−1−0]で複勝率100%。

ワグネリアンは[5−1−1−1]で昨年ダービーと神戸新聞杯を優勝。今年は大阪杯で1枠1番から内ラチ沿いの7、8番手につけ、メンバー2位の35.1秒で最内から伸びて0.1秒差の3着。長期休み明け、初の古馬相手、小回りコース、時計&上がりの掛かる緩い重い馬場を克服した。これまで直線の長いコースでは[5−0−0−0]だが、小回りコースでは全て芝2000mで[0−1−1−1]で取りこぼしが多い。友道厩舎は本番前は仕上げずに負ける傾向があるが、栗東で乗り込んでいる。あとは福永騎手の乗り方次第か。

昨年の有馬記念勝ち馬ブラストワンピース、昨年の札幌記念勝ち馬サングレーザー、皐月賞&大阪杯で2着があるペルシアンナイト、前走ヴィクトリアマイル3着のクロコスミア、前走クイーンエリザベスS2着のクルーガー、鳴尾記念&函館記念3着のステイフーリッシュ、青葉賞2着の3歳馬ランフォザローゼス、17年の札幌記念勝ち馬サクラアンプルールなど。天気は台風の進路次第になるが、金曜が大雨、土曜が曇り時々雨、日曜が曇り時々晴れの予報。渋った馬場でのレースになる可能性が高い。馬場が悪化したら道悪巧者に注意。

ブラストワンピースは昨年の有馬記念を勝ったが、今年は大阪杯6着、目黒記念8着と精彩を欠いている。流れが緩んで上がり勝負になると切れ負けするタイプ。クロコスミア、ロードヴァンドール、エイシントゥインクルが飛ばす展開が理想か。フィエールマンと一緒に凱旋門賞に挑戦する予定。サングレーザーは昨年札幌記念を勝ち、天皇賞(秋)で2着に入った。今年は大阪杯12着、安田記念5着に終わったが、前走は勝ち馬と0.2秒差だった。札幌芝は3戦3勝の洋芝巧者。稍重以上では[3−1−2−0]。岩田騎手が騎乗する。

ペルシアンナイトは前4走5,4、11、10着。皐月賞&大阪杯で2着があるように芝2000mもこなすが、どこまで調子を上げてくるか。馬場は渋らない方がいいタイプ。今年の重賞でMデムーロ騎手は1、2番人気なら[3−4−0−9]だが、3番人気以下では[0−0−2−23]。クロコスミアは昨年のエリザベス女王杯でクビ差の2着に負けたが、勝ったリスグラシューは宝塚記念を圧勝した。小柄な牝馬でもステイゴールド産駒で洋芝をこなすタイプ。今年は馬場が渋るかと展開がポイント。人気の盲点になった馬の激走に注意。


レース回顧

2019年 8月18日(日) 2回札幌2日  天候: 晴   馬場状態: 良 
11R  第55回札幌記念
3歳以上・オープン・G2(定量) (国際)(特指)  芝 2000m   14頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 1  1  ブラストワンピース 牡 4 川田将雅  57  2.00.1 34.9  3 536 (美)大竹正博
2 6 10  サングレーザー     牡 5 岩田康誠  57  2.00.1 35.6  4 486 (栗)浅見秀一
3 6  9  フィエールマン     牡 4 ルメール  57  2.00.3 34.9  1 480 (美)手塚貴久
4 7 12  ワグネリアン       牡 4 福永祐一  57  2.00.3 35.9  2 472 (栗)友道康夫
5 7 11  ペルシアンナイト   牡 5 M.デム  57  2.00.4 35.4  5 490 (栗)池江泰寿
6 5  7  エイシンティンクル 牝 6 勝浦正樹  55  2.00.7 36.7 11 504 (栗)上村洋行
7 8 14  クロコスミア       牝 6 戸崎圭太  55  2.00.8 36.5  6 444 (栗)西浦勝一
8 2  2  クルーガー         牡 7 丸山元気  57  2.01.0 35.5  9 538 (栗)高野友和
9 3  3  ステイフーリッシュ 牡 4 中谷雄太  57  2.01.0 36.4  8 456 (栗)矢作芳人
10 5  8  ゴーフォザサミット 牡 4 石橋脩    57  2.01.0 35.3 10 488 (美)藤沢和雄
11 4  5  ロードヴァンドール 牡 6 横山武史  57  2.01.1 36.3 13 496 (栗)昆貢
12 3  4  ナイトオブナイツ   牡 6 池添謙一  57  2.01.4 35.7 14 454 (栗)池添兼雄
13 8 13  サクラアンプルール 牡 8 横山典弘  57  2.02.7 37.5 12 480 (美)金成貴史
14 4  6  ランフォザローゼス 牡 3 藤岡佑介  54  2.03.0 37.3  7 494 (美)藤沢和雄
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.6-11.0-12.5-12.0-11.8-12.1-12.0-12.0-11.9-12.2
通過:36.1-48.1-59.9-72.0  上り:72.0-60.2-48.1-36.1  平均:1F:12.01 / 3F:36.03
単勝   1 \470 
複勝   1 \170 / 10 \180 / 9 \120 
枠連   1-6 \490 (2) 
馬連   01-10 \2150 (7) 
ワイド 01-10 \630 (6)/ 01-09 \290 (2)/ 09-10 \330 (3) 
馬単   01-10 \3650 (15) 
3連複 01-09-10 \1260 (3/364) 
3連単 01-10-09 \10150 (31/2184) 

ブラストワンピースは内ラチ沿いの中団後ろを進み、勝負どころで内から上がって直線で馬群を割ってメンバー最速タイの34.9秒で抜け出してレースを制した。勝ちタイムは2分00秒1。エイシンティンクルが逃げて前半5F59.9秒。後半5Fは60.2秒。緩急のあるラップで地力の問われるレースになった。ブラストワンピースは内ラチ沿いをロスなく回って川田騎手が直線で上手く捌いてきた。これで1枠1番では3戦3勝(毎日杯、新潟記念、札幌記念)。毎日杯で内から抜け出したように内から捌けるタイプ。大阪杯ではスローペースで外を回って伸び切れなかったが、今回は平均ペースで上がりが掛かり、内ラチ沿いをロスなく回ってきたことが良かったのだろう。今年は大阪杯6着、目黒記念8着と不振が続いていたが、昨年の有馬記念勝ち馬がようやく復活した。今後はフィエールマンと一緒に凱旋門賞に挑戦する予定。

サングレーザーは6枠10番からスタートを決めて内ラチ沿いの3番手につけ、直線で早めに先頭に立ち、メンバー6位の35.6秒で上がってが、最後にブラストワンピースに差されてクビ差の2着。岩田騎手が上手く内に入れてロスなく進み、早めに動いて勝ちに行ったが、そのぶん最後に切れが鈍った。昨年の天皇賞(秋)以降連対がなかったが、本来の力を発揮し復調してきた。これで札幌芝では[3−1−0−0]。昨年の札幌記念勝ち馬が正攻法で強いレースをしている。脚部不安(種子骨靭帯の炎症)を発症したため、秋は全休することになった。

フィエールマンは後方から外を回ってメンバー最速タイの34.9秒で伸びて0.2秒差の3着。勝ったブラストワンピースは内ラチ沿いをロスなく回ったが、フィエールマンは外々を回って上がりは同じ34.9秒。位置取りとコース取りの差で負けたもので力は見せている。ルメール騎手が後方から届かなくてもいいというレースをしたように凱旋門賞に向けての足慣らし程度だったのだろう。調教では動いていたが、パドックでは馬体の張りがひと息に映った。今後は凱旋門賞に挑戦する予定。ルメール騎手は「芝2400mくらいが丁度いい」とコメント。エネイブルとの対戦が楽しみだ。

ワグネリアンは7枠12番スタートから4番手につけたが、直線で伸び切れず0.2秒差の4着。上がりはメンバー8位の35.9秒。レース中に両前を落鉄していた模様。直線で伸びなかったのはそのせいもあるのだろう。以前は切れ味で勝負するタイプだったが、昨年の皐月賞以降は最速上がりを繰り出せていない。近走は重い馬場で走っていることもあるか。次走は天皇賞(秋)に向かう予定。軽い馬場で以前の切れ味が戻るかがカギ。

ペルシアンナイトは中団の外から早めに動いてメンバー4位の35.4秒で上がって0.3秒差の5着。これで休み明けは5、5、5、4、5着。今回はいつもより仕上げていたが、伸び切れなかったのは外を回ったこともあるのだろう。叩き2戦目は[1−2−0−1]で使うと一変するタイプ。今後は毎日王冠、天皇賞(秋)などを使ってマイルCSに向かうことになりそうだ。



[Home]