札幌記念
2019/8/18 札幌競馬場 芝2000m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−5−1−2]で7連対。単勝1倍台は[0−4−0−0]、2倍台は[1−0−1−2]、3倍台は[1−0−0−0]で単勝1倍台は全馬2着に負けている。2番人気は[3−0−2−5]で3連対、3番人気は[0−0−0−10]で連対なし。6〜9番人気は4連対、10番人気は1連対。最近5年の馬連は4倍、140倍、13倍、376倍、13倍で隔年で万馬券が出ている。

3歳[1−1−1−8]、4歳[3−1−2−24]、5歳[3−4−4−31]、6歳[3−1−1−24]、7歳以上[0−3−2−32]。4歳馬は4番人気以内[2−0−1−9]で2連対のみ。5歳馬は1番人気[2−4−1−0]、2番人気以下[1−0−3−31]。7、8歳で連対した3頭は5、8、12番人気。穴で高齢馬に注意。牝馬は[2−1−3−18]、4番人気以内の関西牝馬は[2−1−2−1]で堅実。

フィエールマンは[4−2−0−0]で連対率100%。昨年キャリア3戦で菊花賞を制し、今年はAJC杯でシャケトラに負けたが、天皇賞(春)を早め先頭から押し切って制した。芝2000mは初めてになるが、芝180mは[2−1−0−0]で小回りコースをこなしている。G1を2勝している馬が定量戦で他馬と同じ57キロで出走できる。凱旋門賞が目標だけに台風の影響で馬場が悪化したときにお茶を濁すようなことがなければ。今年の芝2000m以上の重賞でルメール騎手は1番人気なら[2−3−1−0]で複勝率100%。

ワグネリアンは[5−1−1−1]で昨年ダービーと神戸新聞杯を優勝。今年は大阪杯で1枠1番から内ラチ沿いの7、8番手につけ、メンバー2位の35.1秒で最内から伸びて0.1秒差の3着。長期休み明け、初の古馬相手、小回りコース、時計&上がりの掛かる緩い重い馬場を克服した。これまで直線の長いコースでは[5−0−0−0]だが、小回りコースでは全て芝2000mで[0−1−1−1]で取りこぼしが多い。友道厩舎は本番前は仕上げずに負ける傾向があるが、栗東で乗り込んでいる。あとは福永騎手の乗り方次第か。

昨年の有馬記念勝ち馬ブラストワンピース、昨年の札幌記念勝ち馬サングレーザー、皐月賞&大阪杯で2着があるペルシアンナイト、前走ヴィクトリアマイル3着のクロコスミア、前走クイーンエリザベスS2着のクルーガー、鳴尾記念&函館記念3着のステイフーリッシュ、青葉賞2着の3歳馬ランフォザローゼス、17年の札幌記念勝ち馬サクラアンプルールなど。天気は台風の進路次第になるが、金曜が大雨、土曜が曇り時々雨、日曜が曇り時々晴れの予報。渋った馬場でのレースになる可能性が高い。馬場が悪化したら道悪巧者に注意。

ブラストワンピースは昨年の有馬記念を勝ったが、今年は大阪杯6着、目黒記念8着と精彩を欠いている。流れが緩んで上がり勝負になると切れ負けするタイプ。クロコスミア、ロードヴァンドール、エイシントゥインクルが飛ばす展開が理想か。フィエールマンと一緒に凱旋門賞に挑戦する予定。サングレーザーは昨年札幌記念を勝ち、天皇賞(秋)で2着に入った。今年は大阪杯12着、安田記念5着に終わったが、前走は勝ち馬と0.2秒差だった。札幌芝は3戦3勝の洋芝巧者。稍重以上では[3−1−2−0]。岩田騎手が騎乗する。

ペルシアンナイトは前4走5,4、11、10着。皐月賞&大阪杯で2着があるように芝2000mもこなすが、どこまで調子を上げてくるか。馬場は渋らない方がいいタイプ。今年の重賞でMデムーロ騎手は1、2番人気なら[3−4−0−9]だが、3番人気以下では[0−0−2−23]。クロコスミアは昨年のエリザベス女王杯でクビ差の2着に負けたが、勝ったリスグラシューは宝塚記念を圧勝した。小柄な牝馬でもステイゴールド産駒で洋芝をこなすタイプ。今年は馬場が渋るかと展開がポイント。人気の盲点になった馬の激走に注意。



[Home]