平安S
2019/5/18 京都競馬場 ダ1900m

レース展望

13年から東海Sと入れ替わって5月に移動し、距離が1900mに変更された。過去6年で1番人気は[3−0−0−3]で3連対。58キロ以上は[2−0−0−0]だが、57キロは[0−0−0−3]で不振。2番人気は[0−0−0−6]で連対なし、3番人気は[0−3−0−3]で3連対。6番人気以下が5連対。馬連は19倍、504倍、18倍、8倍、24倍、59倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

連対馬の脚質は、逃げ3先行4、差し4追込1で逃げ先行馬が計7連対。京都ダ1900mは流れが緩んで前に行った馬が残りやすい。過去6年の勝ち馬は全て4コーナーで3番手以内につけていた。ダート重賞実績のある逃げ先行タイプを重視したい。6番人気以下で連対した5頭のうち3頭が10番手以下からの追い込みだった。逃げ先行タイプの実力馬が前に行った馬を一掃すると最後に追い込み馬が突っ込んでくるのがパターン。

オメガパフュームはダ1900〜2000m[2−2−0−0]でJDD2着、シリウスS1着、JBCクラシック2着、東京大賞典1着。昨年の東京大賞典ではゴールドドリームに勝っている。前走フェブラリーSは中団から伸び切れず1.7秒差の10着。G1を連戦した疲れ、左回り、初の57キロが影響したのか、直線で全く伸びなかった。今回は59キロを背負う。過去6年で59キロを背負った馬は[1−0−0−1]でニホンピロアワーズが勝っている。帝王賞前のレースで仕上がり面に注意。Mデムーロ騎手では[3−0−1−1]。

チュウワウィザードはダート[6−2−2−0]で前3走名古屋GP1着(ダ2500m)、東海S2着、ダイオライト記念1着(ダ2400m)。長い距離でも崩れなく走っている。これまで56キロまでしか背負ったことがない馬が58キロを背負う。過去6年で58キロは[1−1−2−6]でアスカノロマン1着、クリソライト2着。大久保厩舎は同厩の4歳馬ヒラボクラターシュと重賞を使い分けているが、チュウワウィザードの方が能力は上か。近親にルヴァンスレーヴがいる。川田騎手では[4−1−1−0]で好相性。

昨年の平安S勝ち馬サンライズソア、アンタレスS勝ち馬アナザートゥルース、前2走マーチS2着、アンタレスS3着のロンドンタウン、マーチS勝ち馬サトノティターン、昨年のエルムS勝ち馬ハイランドピーク、昨年の平安S2着馬クイーンマンボなど。サンライズソアはダ1900〜2000m[2−2−2−0]で昨年の平安Sを1分57秒3(稍重)で逃げ切っている。昨年はJBCクラシックとチャンピオンズCで3着に入ったように地力が強化されている。今年の重賞で田辺騎手は[0−0−0−22]。逃げる手か。

アナザートゥルースはダ1800m以上[6−4−0−2]。前走アンタレスSは好位からメンバー最速の37.2秒でグリムを交わして重賞初制覇。サウンドトゥルーの半弟。ダート得意な大野騎手が持ってくるか。ロンドンタウンは前3走コリアC1着、マーチS2着、アンタレスS3着。実績馬より軽い56キロで出走できる。テン乗りの藤岡佑騎手が騎乗する。サトノティターンは前走マーチSを大外一気で制し重賞初制覇。今回はかなりメンバーが強くなり、前走より2キロ重い57キロを背負う。石橋脩騎手では[3−0−0−1]。


レース回顧

2019年 5月18日(土) 3回京都9日  天候: 曇   馬場状態: 良 
11R  第26回平安S
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定)  ダート 1900m   16頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 4  7  チュウワウィザード 牡 4 川田将雅  58  1.58.1 36.5  1 482 (栗)大久保龍
2 3  6  モズアトラクション 牡 5 藤岡康太  56  1.58.1 36.3 12 490 (栗)松下武士
3 1  1  オメガパフューム   牡 4 M.デム  59  1.58.3 36.9  3 462 (栗)安田翔伍
4 3  5  アナザートゥルース セ 5 大野拓弥  57  1.58.5 37.2  4 480 (美)高木登
5 4  8  サンライズソア     牡 5 田辺裕信  57  1.58.7 38.0  2 510 (栗)河内洋
6 5  9  ジョーダンキング   牡 6 岩田康誠  56  1.58.7 37.2  7 498 (栗)藤原英昭
7 7 14  マイネルユキツバキ 牡 4 和田竜二  56  1.59.0 38.1 10 530 (美)高木登
8 6 11  クイーンマンボ     牝 5 北村友一  54  1.59.0 37.9  9 520 (栗)角居勝彦
9 8 15  サトノティターン   牡 6 石橋脩    57  1.59.1 37.9  6 570 (美)堀宣行
10 2  3  グレンツェント     牡 6 幸英明    57  1.59.4 37.7 11 478 (美)加藤征弘
11 1  2  サンマルデューク   牡10 武士沢友  56  1.59.5 37.4 13 512 (美)和田勇介
12 8 16  ロンドンタウン     牡 6 藤岡佑介  56  1.59.7 38.7  5 528 (栗)牧田和弥
13 5 10  ハイランドピーク   牡 5 武豊      57  2.00.0 38.8  8 464 (美)土田稔
14 2  4  トラキチシャチョウ 牡 8 水口優也  56  2.00.1 38.4 16 506 (栗)服部利之
15 7 13  メイショウスミトモ 牡 8 小牧太    57  2.00.2 38.9 15 488 (栗)南井克巳
16 6 12  マイネルオフィール 牡 7 国分恭介  56  2.00.3 39.5 14 518 (栗)飯田雄三
------------------------------------------------------------------------------
LAP : 7.1-11.2-11.6-12.9-12.8-12.9-12.2-12.1-12.5-12.8
通過:29.9-42.8-55.6-68.5  上り:75.3-62.5-49.6-37.4  平均:1F:12.43 / 3F:37.29
単勝   7 \250 
複勝   7 \140 / 6 \1720 / 1 \280 
枠連   3-4 \720 (4) 
馬連   06-07 \21830 (43) 
ワイド 06-07 \5330 (46)/ 01-07 \480 (3)/ 01-06 \11660 (61) 
馬単   07-06 \30210 (76) 
3連複 01-06-07 \32970 (89/560) 
3連単 07-06-01 \218430 (536/3360) 

チュウワウィザードは後方を進み、大外からメンバー2位の36.5秒で伸びて、最後は併せ馬で伸びてきたモズアトラクションとの競り合いをハナ差で制した。勝ちタイムは1分58秒1。サンライズソアが逃げて前半5F62.0秒。ラスト4Fから一気にペースアップして12.2−12.1−12.5−12.8秒。上がりの掛かる消耗戦になり、後方でタメていた2頭で決着。チュウワウィザードはいつもとは違う後方でタメるレースをしたが、きっちり差し切って重賞3勝目を挙げた。速い流れを察知して川田騎手が控えたことがプラスに働いている。これまで56キロまでしか背負ったことがない馬が58キロを背負って差すレースで勝ったことを評価したい。これで重賞では[3−1−0−0]で東海Sでインティに負けた以外は全て勝っている。次走は帝王賞に向かう予定。

モズアトラクションは後方2番手からメンバー最速の36.3秒で追い込んでハナ差の2着。オープン入りして6、11着に終わり、休み明けで12番人気だったが、消耗戦で一気にパフォーマンスを引き上げた。これで京都ダ1900mは[2−1−0−1]。得意コースで時計を詰めて激走した。成績にムラがあるが、元々消耗戦に強いタイプ。メンバーレベルが上がり、レースが消耗戦になったことで持ち味を生かせたのだろう。

オメガパフュームは後方から早めに捲ってメンバー3位の36.9秒で上がり0.2秒差の3着。59キロを背負って大外から早めに捲って直線で先頭に立ち、見せ場十分の内容で地力を示した。これでダ1900〜2000mは[2−2−1−0]で3着以内を確保。休み明けで馬体が12キロ増えて以前のひ弱さが薄れていた。昨年は3歳馬で斤量が軽かったが、今後は古馬で57キロ以上を背負うため、59キロを克服したのは今後に向けて大きい。次走は帝王賞。昨年の東京大賞典でゴールドドリームに勝った馬。ルヴァンスレーヴとの対決が楽しみだ。

サンライズソアはハナを切って前半5F62.0秒で進み、ラスト4Fからペースアップして直線で後続を引き離しかけたが、後方でタメた馬に外から交わされて0.6秒差の5着。スタートを決めて先頭に立った後にマイネルオフィールに来られてペースアップしたことで最後に厳しくなった。昨年の平安Sは稍重で前半3F37.7秒、今年は良馬場で36.3秒。昨年はマイペースで楽逃げだった。仕上がりは悪くなかったが、休み明けのぶんもあるのだろう。今年の重賞で田辺騎手は[0−0−0−23]。デビュー以来5月の重賞は[0−0−4−32]で連対がなく不振が続いている。

マイネルユキツバキは3番手につけたが、直線で伸び切れず0.9秒差の7着。上がりはメンバー11位の38.1秒。重賞初挑戦、前崩れの展開で厳しくなったが、最後までしぶとく粘っていた。同厩のアナザートゥルースと同じアイルハヴアナザー産駒。ここにきて馬体が充実して力をつけている。中山ダ1800mならOP特別で通用するのではないか。来年のマーチSに向けて注目していきたい。



[Home]