平安S
2019/5/18 京都競馬場 ダ1900m

レース展望

13年から東海Sと入れ替わって5月に移動し、距離が1900mに変更された。過去6年で1番人気は[3−0−0−3]で3連対。58キロ以上は[2−0−0−0]だが、57キロは[0−0−0−3]で不振。2番人気は[0−0−0−6]で連対なし、3番人気は[0−3−0−3]で3連対。6番人気以下が5連対。馬連は19倍、504倍、18倍、8倍、24倍、59倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

連対馬の脚質は、逃げ3先行4、差し4追込1で逃げ先行馬が計7連対。京都ダ1900mは流れが緩んで前に行った馬が残りやすい。過去6年の勝ち馬は全て4コーナーで3番手以内につけていた。ダート重賞実績のある逃げ先行タイプを重視したい。6番人気以下で連対した5頭のうち3頭が10番手以下からの追い込みだった。逃げ先行タイプの実力馬が前に行った馬を一掃すると最後に追い込み馬が突っ込んでくるのがパターン。

オメガパフュームはダ1900〜2000m[2−2−0−0]でJDD2着、シリウスS1着、JBCクラシック2着、東京大賞典1着。昨年の東京大賞典ではゴールドドリームに勝っている。前走フェブラリーSは中団から伸び切れず1.7秒差の10着。G1を連戦した疲れ、左回り、初の57キロが影響したのか、直線で全く伸びなかった。今回は59キロを背負う。過去6年で59キロを背負った馬は[1−0−0−1]でニホンピロアワーズが勝っている。帝王賞前のレースで仕上がり面に注意。Mデムーロ騎手では[3−0−1−1]。

チュウワウィザードはダート[6−2−2−0]で前3走名古屋GP1着(ダ2500m)、東海S2着、ダイオライト記念1着(ダ2400m)。長い距離でも崩れなく走っている。これまで56キロまでしか背負ったことがない馬が58キロを背負う。過去6年で58キロは[1−1−2−6]でアスカノロマン1着、クリソライト2着。大久保厩舎は同厩の4歳馬ヒラボクラターシュと重賞を使い分けているが、チュウワウィザードの方が能力は上か。近親にルヴァンスレーヴがいる。川田騎手では[4−1−1−0]で好相性。

昨年の平安S勝ち馬サンライズソア、アンタレスS勝ち馬アナザートゥルース、前2走マーチS2着、アンタレスS3着のロンドンタウン、マーチS勝ち馬サトノティターン、昨年のエルムS勝ち馬ハイランドピーク、昨年の平安S2着馬クイーンマンボなど。サンライズソアはダ1900〜2000m[2−2−2−0]で昨年の平安Sを1分57秒3(稍重)で逃げ切っている。昨年はJBCクラシックとチャンピオンズCで3着に入ったように地力が強化されている。今年の重賞で田辺騎手は[0−0−0−22]。逃げる手か。

アナザートゥルースはダ1800m以上[6−4−0−2]。前走アンタレスSは好位からメンバー最速の37.2秒でグリムを交わして重賞初制覇。サウンドトゥルーの半弟。ダート得意な大野騎手が持ってくるか。ロンドンタウンは前3走コリアC1着、マーチS2着、アンタレスS3着。実績馬より軽い56キロで出走できる。テン乗りの藤岡佑騎手が騎乗する。サトノティターンは前走マーチSを大外一気で制し重賞初制覇。今回はかなりメンバーが強くなり、前走より2キロ重い57キロを背負う。石橋脩騎手では[3−0−0−1]。



[Home]