アーリントンC
2019/4/13 阪神競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[4−1−0−5]で5連対。関西牡馬は単勝1、2倍台なら[3−1−0−0]で堅実。単勝3倍以上は[0−0−0−4]で不振。2番人気は[1−1−0−8]で2連対、3番人気は[0−3−2−5]で3連対。6〜9番人気が4連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は7倍、106倍、58倍、9倍、10倍で堅いか波乱両極端。重賞で連対がない馬が1番人気になると荒れる傾向がある。

連対馬20頭のうち12頭が前走3着以内。前走4着以下から連対した8頭のうち6頭が前走重賞に出走していた。前走重賞で4〜8着に負けた馬が巻き返している。前走500万条件は勝っていることが目安。以前は開幕週に行われていたが、昨年から最終週に移動した。昨年は差し−差し−追込で決着。最終週で差しが決まりやすくなり、上がりの速さが問われる。末脚に威力がある差しタイプを重視したい。

フォッサマグナはデビューからルメール騎手が騎乗し、新馬戦1着、共同通信杯4着、500万条件1着。共同通信杯は2番手につけたが、直線で伸び切れず0.9秒差の4着。キャリア1戦で4着なら悪くないか。前走中山芝1600mの500万条件は3番手からメンバー2位の35.1秒で抜け出して1分34秒5で2馬身半差で圧勝。吉田和美氏、藤沢和厩舎、ルメール騎手。馬場か枠順か、JRAがどんなアシストをしてくるのか注目したい。

ヴァンドギャルドは東スポ杯2歳S3着、ホープフルS6着、きさらぎ賞4着、毎日杯3着で善戦止まりが続いている。前走毎日杯は後方からメンバー最速タイの33.9秒で大外から追い込んで0.2秒差の3着。道中行きたがった馬をルメール騎手が懸命になだめ、最後に切れる脚を使ったが届かなかった。藤原英厩舎のディープインパクト産駒で能力はあるが、イレ込み、折り合いなど難しい面が残っている。ルメール騎手からMデムーロ騎手に乗り替わる。

シンザン記念勝ち馬ヴァルディゼール、同3着馬ミッキーブリランテ、野路菊S勝ち馬カテドラル、フィリーズレビュー4着馬イベリス、前走こぶし賞を勝ったロードグラディオ、つばき賞2着馬ユニコーンライオン、フローラルウォーク賞3着馬ミッキースピリットなど。ヴァルディゼールは2戦2勝。キャリア1戦でのシンザン記念制覇は史上初だった。本来なら出世コースだが、勝った2戦は時計が掛かっただけに高速化してきた馬場がどう出るか。ここでは取り上げなかったが、相馬眼的に一発の可能性がある人気薄が1頭いる。



[Home]