アーリントンC
2019/4/13 阪神競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[4−1−0−5]で5連対。関西牡馬は単勝1、2倍台なら[3−1−0−0]で堅実。単勝3倍以上は[0−0−0−4]で不振。2番人気は[1−1−0−8]で2連対、3番人気は[0−3−2−5]で3連対。6〜9番人気が4連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は7倍、106倍、58倍、9倍、10倍で堅いか波乱両極端。重賞で連対がない馬が1番人気になると荒れる傾向がある。

連対馬20頭のうち12頭が前走3着以内。前走4着以下から連対した8頭のうち6頭が前走重賞に出走していた。前走重賞で4〜8着に負けた馬が巻き返している。前走500万条件は勝っていることが目安。以前は開幕週に行われていたが、昨年から最終週に移動した。昨年は差し−差し−追込で決着。最終週で差しが決まりやすくなり、上がりの速さが問われる。末脚に威力がある差しタイプを重視したい。

フォッサマグナはデビューからルメール騎手が騎乗し、新馬戦1着、共同通信杯4着、500万条件1着。共同通信杯は2番手につけたが、直線で伸び切れず0.9秒差の4着。キャリア1戦で4着なら悪くないか。前走中山芝1600mの500万条件は3番手からメンバー2位の35.1秒で抜け出して1分34秒5で2馬身半差で圧勝。吉田和美氏、藤沢和厩舎、ルメール騎手。馬場か枠順か、JRAがどんなアシストをしてくるのか注目したい。

ヴァンドギャルドは東スポ杯2歳S3着、ホープフルS6着、きさらぎ賞4着、毎日杯3着で善戦止まりが続いている。前走毎日杯は後方からメンバー最速タイの33.9秒で大外から追い込んで0.2秒差の3着。道中行きたがった馬をルメール騎手が懸命になだめ、最後に切れる脚を使ったが届かなかった。藤原英厩舎のディープインパクト産駒で能力はあるが、イレ込み、折り合いなど難しい面が残っている。ルメール騎手からMデムーロ騎手に乗り替わる。

シンザン記念勝ち馬ヴァルディゼール、同3着馬ミッキーブリランテ、野路菊S勝ち馬カテドラル、フィリーズレビュー4着馬イベリス、前走こぶし賞を勝ったロードグラディオ、つばき賞2着馬ユニコーンライオン、フローラルウォーク賞3着馬ミッキースピリットなど。ヴァルディゼールは2戦2勝。キャリア1戦でのシンザン記念制覇は史上初だった。本来なら出世コースだが、勝った2戦は時計が掛かっただけに高速化してきた馬場がどう出るか。ここでは取り上げなかったが、相馬眼的に一発の可能性がある人気薄が1頭いる。


レース回顧

2019年 4月13日(土) 2回阪神7日  天候: 晴   馬場状態: 良 
11R  第28回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(馬齢) (国際)(指定)  芝 1600m・外   18頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 5  9  イベリス           牝 3 浜中俊    54  1.34.2 34.4 12 452 (栗)角田晃一
2 5 10  カテドラル         牡 3 シュタル  56  1.34.2 33.3  7 480 (栗)池添学
3 6 11  トオヤリトセイト   牡 3 福永祐一  56  1.34.2 33.6 11 472 (栗)松下武士
4 3  6  ニシノカツナリ     牡 3 武藤雅    56  1.34.2 33.6  6 470 (美)水野貴広
5 7 15 $ユニコーンライオン 牡 3 岩田康誠  56  1.34.3 34.2  5 534 (栗)矢作芳人
6 8 17  ミッキーブリランテ 牡 3 坂井瑠星  56  1.34.3 34.1  4 462 (栗)矢作芳人
7 1  2  ロードグラディオ   牡 3 藤岡佑介  56  1.34.4 34.3 13 474 (栗)西浦勝一
8 2  3  ヴァルディゼール   牡 3 北村友一  56  1.34.4 34.1  2 450 (栗)渡辺薫彦
9 6 12  ヴァンドギャルド   牡 3 M.デム  56  1.34.6 34.5  3 462 (栗)藤原英昭
10 1  1  ミッキースピリット 牡 3 松山弘平  56  1.34.7 34.4  9 480 (栗)音無秀孝
11 8 16  ヤマニンマヒア     牡 3 武豊      56  1.34.8 34.0 14 440 (栗)松永幹夫
12 3  5 $サンノゼテソーロ   牡 3 津村明秀  56  1.34.9 34.3  8 458 (美)田中博康
13 8 18  ジャミールフエルテ 牡 3 池添謙一  56  1.34.9 34.5 10 466 (栗)大久保龍
14 2  4  アズマヘリテージ   牝 3 岡田祥嗣  54  1.35.2 34.4 16 458 (栗)河内洋
15 4  8  オーパキャマラード 牝 3 松若風馬  54  1.35.7 35.1 18 480 (栗)本田優
16 7 14 $フォッサマグナ     牡 3 ルメール  56  1.35.8 35.4  1 460 (美)藤沢和雄
17 4  7  ジゴロ             牡 3 幸英明    56  1.36.0 35.3 15 454 (栗)鮫島一歩
18 7 13  ラブミーファイン   牝 3 藤岡康太  54  1.36.2 36.2 17 444 (栗)田所秀孝
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.4-11.2-11.4-12.4-12.4-11.5-11.0-11.9
通過:35.0-47.4-59.8-71.3  上り:70.6-59.2-46.8-34.4  平均:1F:11.78 / 3F:35.33
単勝   9 \3590 
複勝   9 \940 / 10 \760 / 11 \720 
枠連   5-5 \28780 (35) 
馬連   09-10 \36120 (66) 
ワイド 09-10 \9090 (74)/ 09-11 \8380 (67)/ 10-11 \7260 (62) 
馬単   09-10 \71530 (140) 
3連複 09-10-11 \208320 (309/816) 
3連単 09-10-11 \1361140 (1790/4896) 

イベリスはハナを切って前半3F35.0秒、5F59.8秒のマイペースで進み、メンバー10位タイの34.4秒でまとめてレースを制した。勝ちタイムは1分34秒2。レースのラスト3Fは11.5−11.0−11.9秒でラスト1Fのラップが落ちたが、中団より前につけて33秒台で上がる馬がいなかった。短距離重賞を5勝したベルカントの半妹。父がサクラバクシンオーからロードカナロアに替わって少し距離の融通性が増している。2〜4着に追い込み馬が突っ込んだことを考えると逃げ切りは評価できなくもないが、展開や切れる脚を使える馬の位置取りなど恵まれた感が強い。次走はNHKマイルC。その後スプリンターになる馬が活躍することが多いレースでマッチしなくもないが、よほど展開が恵まれないと厳しいか。

カテドラルは出遅れて最後方からメンバー最速の33.3秒で馬群を捌いて伸びてクビ差の2着。直線で進路を探しながら進み、ラスト1F手前から追い出すと強烈な末脚を繰り出した。スローペースの新馬戦(芝2000m)、野路菊S(芝1800m、2着ヴェロックス)を勝ったことで芝1800m以上で前に行くレースをしていたが、初の芝1600mで追い込むレースをしてレースぶりが一変した。半兄ジェベルムーサはエルムSを捲って勝った馬。マイルくらいの距離で末脚を生かすレースが合うのだろう。パドックでは馬体の造りが目立っていた。次走はNHKマイルC。グランアレグリアにラスト5F57秒台で上がられると楽ではないが、ラスト3F勝負に徹してグランアレグリアを負かしに行った馬がバテると突っ込む可能性がある。

トオヤリトセイトは後方から4コーナーで11番手に押し上げ、メンバー2位タイの33.6秒で外から伸びてクビ+頭差の3着。直線で差し切る勢いで伸びてきたが、最後に前と同じ脚色になった。これでデビューから上がりは1、1、1、2位。新馬戦をラスト3F11.6−11.5−11.3秒で尻上がりラップで勝ったのはダテではなく末脚に威力がある。近親にスプリンターズS勝ち馬アストンマーチャン。距離は1400mあたりがベストかもしれないが、今回タイム差なしの3着に入りマイルをこなすメドは立った。次走はNHKマイルC。末脚の威力が問われるレースになれば侮れない。

ニシノカツナリは後方からメンバー2位タイの33.6秒で伸びてクビ+頭+頭差の4着。直線で前が壁になって追い出しが遅れ、ラスト1Fから外に出すと強烈な末脚を繰り出した。2着カテドラルにもいえるが、もう少しスムーズなら差し切っていたかもしれない。母はマイラーズC2着馬ニシノマナムスメ。今後はひと息入れて自己条件で賞金を加算していくことになりそうだ。



[Home]