阪神牝馬S
2019/4/6 阪神競馬場 芝1600m

レース展望

16年に距離が1600mに変更された。過去10年で1番人気は[3−1−1−5]で4連対。16年以降は[1−1−1−0]で3着以内を確保。2番人気は[2−1−0−7]、3番人気は[0−3−2−5]で各3連対。6〜9番人気が4連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は6倍、52倍、3倍、8倍、166倍。10倍以下か50倍以上か両極端の結果が続いている。

年齢別では4歳[6−7−5−51]、5歳[2−3−2−45]、6歳[1−0−3−20]、7歳以上[1−0−0−13]で4歳馬が活躍。1、2番人気の4歳馬は関東[1−0−0−4]、関西[2−2−1−3]で関東馬は不振。7歳以上の高齢馬は1連対のみ。12年以降に6番人気以下で連対した3頭のうち2頭が道中2番手、残る1頭が逃げ馬だった。穴で逃げ先行馬に注意。

ラッキーライラックは昨年牝馬3冠で桜花賞2着、オークス3着、秋華賞9着。秋華賞はローズSを使えず、休み明けで馬体が18キロ増えていた。前走中山記念は2番手からメンバー8位の34.9秒でしぶとく伸びてクビ差の2着。最軽量の53キロだったが、牡馬の一線級相手に通用することを示した。芝1600mは[4−1−0−0]、阪神芝1600mは[2−1−0−0]で阪神JF、チューリップ賞を勝ち、桜花賞2着。今回は牝馬同士でG1馬でも54キロで出走できる。石橋脩騎手とは[4−2−1−0]で好相性。

カンタービレは[3−2−1−2]でフラワーCとローズSを優勝。秋華賞は後方からメンバー3位の33.9秒で追い込んで0.4秒差の3着まで追い上げた。芝1800m以下は[3−2−0−0]、芝1600mは[0−2−0−0](新馬、未勝利)。ローズSを先行して33.6秒で抜け出して勝ったようにある程度前につけてひと脚使えるタイプ。他馬より1キロ重い55キロを背負うが、Mデムーロ騎手とは[2−1−0−0]で好相性。過去10年で角居厩舎は[0−0−0−5]。今年はサトノワルキューレと2頭出し。

秋華賞2着馬ミッキーチャーム、ローズS2着馬サラキア、東京新聞杯2着馬レッドオルガ、エリザベス女王杯2着馬クロコスミア、関屋記念&京成杯AH&富士S2着のワントゥワン、前走高松宮記念6着のレッツゴードンキ、ターコイズS2着馬リバティハイツ、京都金杯3着馬ミエノサクシード、阪神カップ勝ち馬ダイアナヘイローなど。ミッキーチャームは秋華賞で逃げてアーモンドアイに0.2秒差の2着。前走中山牝馬Sは14着に終わったが、まともに走っていない。叩き2戦目、初の芝1600mでどこまで変わるか。

サラキアはローズSでカンタービレに0.2秒差の2着がある。前走京都金杯は7着に終わったが、内枠がアダになってまともに走っていない。出遅れ癖はまだクリアできていない。出遅れを前半でどうカバーするかがカギ。レッドオルガは前走東京新聞杯でインディチャンプに半馬身差の2着。左回り[5−1−2−1]、右回り[0−0−1−2]。母はエリモピクシーで昨年の2着馬レッドアヴァンセの全妹。牝馬同士に替わって重賞初制覇なるか。ワントゥワンは外国人騎手では[4−3−1−2]。今回はシュタルケ騎手が騎乗する。



[Home]