ニュージーランドT
2019/4/6 中山競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[4−2−1−3]で6連対。単勝2倍台は[1−0−1−1]、3倍台は[3−2−0−1]、4倍台は[0−0−0−1]。前走重賞で4〜6着に負けた馬は[3−0−1−0]で堅実。2番人気は[3−2−1−4]で5連対、3番人気は[0−1−1−8]で1連対。6〜9番人気、10番人気以下は各3連対。最近5年の馬連は14倍、29倍、221倍、293倍、9倍で荒れている。

連対馬20頭のうち17頭が前走5着以内。前走重賞で5着以内に入った馬が活躍している。前走6、6、8着から連対した3頭は前2走とも重賞に出走していた。前走10着以下は[0−0−1−27]で3着止まり。中山芝1600mはコースロスのある外枠が不利。8枠は[1−1−2−17]で連対は1番人気のみ。1枠は[0−0−0−18]で不振。2枠が4連対、3枠が6連対。2、3枠に入った馬に注意したい。

アガラスはデビューから全て1800mを使い、新馬1着、コスモス賞2着、東スポ杯2歳S2着、きさらぎ賞7着。東スポ杯2歳Sでは直線でスムーズさを欠いたが、メンバー最速の33.7秒で追い込んでハナ差の2着に入った。前走きさらぎ賞は戸崎騎手が騎乗し、道中折り合いを欠き、直線でもスムーズさを欠きブービーの7着。休み明けで京都に輸送し馬体が12キロ増えていた。今回は新馬、コスモス賞で騎乗したルメール騎手に乗り替わる。これまで4戦の前半3Fは36秒以上。初マイルでルメール騎手がどんなレースをするか。

デイリー杯2歳S2着馬メイショウショウブ、京都2歳S4着馬ミッキーブラック、ホープフルS4着馬コスモカレンドゥラ、函館2歳S&京王杯2歳S3着馬カルリーノ、前走500万条件を勝ったヴィッテルスバッハ、グラナタスなど。メイショウショウブはデイリー杯2歳Sでアドマイヤマーズに0.1秒差の2着に入った。阪神JFは2番手から伸び切れず6着、前走チューリップ賞は出遅れた後に上がって行ったが、直線で一杯になって9着。過去10年で牝馬は[0−0−2−12]で3着止まり。テン乗りの横山典騎手が騎乗する。

ミッキーブラックは新馬、芙蓉Sを連勝したが、その後は4、9、8着。これまでスローペースしか経験しておらず、芝1600mも初めて。切れより地力タイプ。テン乗りの松岡騎手が強気な騎乗で持ってくるか。ヴィッテルスバッハは芝1600m[2−0−0−1]で前走東京の500万条件をメンバー最速の32.9秒で差し切った。中山芝1600mでは未勝利戦を勝っている。テン乗りの戸崎騎手に乗り替わる。今年はメンバー的に超人気薄が激走する可能性がある。16年は2ー14−12番人気で3連単100万馬券が飛び出した。



[Home]