高松宮記念
2019/3/24 中京競馬場 芝1200m

レース展望

春のスプリント王決定戦。過去10年の1番人気は[3−1−3−3]で4連対。単勝1倍台は[1−0−0−0]、2倍台は[0−0−2−2]、3倍台は[2−1−1−0]、5倍以上は[0−0−0−1]。単勝2倍台は連対なく不振。2番人気は[2−3−0−5]、3番人気は[3−2−3−2]で各5連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、6、8番人気。新コース変更後の馬連は9倍、4倍、104倍、74倍、8倍、21倍、16倍で良馬場で行われた4年は10倍台までに収まっている。

連対馬20頭のうち16頭が前走3着以内、19頭が前走5着以内。前走阪急杯7着から連対した馬は前年のスプリンターズS2着馬ビービーガルダン。スプリントG1実績馬なら巻き返し可能。前走10着以下は[0−0−1−41]で3着止まり。年齢別では4歳[2−0−4−30]、5歳[5−4−3−33]、6歳[0−6−1−36]、7歳以上[3−0−2−48]。4番人気以内の5歳馬は[6−3−2−5]で9連対。人気になった5歳馬が活躍している。穴で6、7歳の高齢馬に注意。

ダノンスマッシュは芝1200m[3−1−0−0]で京阪杯、シルクロードSを2連勝中。京阪杯は2枠から内ラチ沿いの4番手からメンバー4位タイの33.6秒で抜け出して1分8秒0で優勝。前走シルクロードSは1枠から内ラチ沿いの5番手につけ、メンバー3位の34.2秒で差し切って1分8秒3で優勝。父ロードカナロアも3歳から4歳時に京阪杯、シルクロードSを制した。今回はG1でさらに斤量が増え、メンバーも強くなる。左回りは[0−1−0−2]。北村友騎手はG1[0−1−2−41]。G1初制覇なるか。

モズスーパーフレアは芝1200m[6−1−1−2]。カーバンクルSは前半3F32.8秒で逃げてメンバー9位タイの34.2秒で上がって1分7秒0で優勝。前走オーシャンSは前半3F32.3秒で逃げてメンバー9位タイの34.8秒で上がって1分7秒1で優勝。ナックビーナスとの斤量5キロ差がなくなり同斤になったが、着差は詰まらなかった。芝1200mで逃げたときは[5−1−1−0]、前半3F32秒台で飛ばしたときは[3−0−0−0]。武豊騎手では2戦2勝。左回りで直線の長い中京コースがカギ。

昨年の高松宮記念2着馬レッツゴードンキ、同3着馬ナックビーナス、阪急杯3着馬ロジクライ、阪神カップ2着馬ミスターメロディ、昨年のサマースプリントシリーズ優勝馬アレスバローズ、京都牝馬S勝ち馬デアレガーロ、昨年のアイビスSD勝ち馬ダイメイプリンセス、昨年のスプリンターズS2着馬ラブカンプーなど。レッツゴードンキは芝1200m[0−3−2−5]でG1では[0−3−0−4]。高松宮記念は8、2、2着で昨年は勝ったファインニードルとハナ差だった。内枠を引いて内が伸びる馬場になるかがカギ。

ナックビーナスは芝1200m[5−6−3−5]、重賞では[1−3−3−4]で昨年のキーンランドCを勝っている。前2走はモズスーパーフレアに0.2秒差の2着。昨年の高松宮記念は6番手から伸びて0.1秒差の3着。先行してしぶとい脚を使えるタイプ。前崩れの展開にならなければ。今週から中京はBコースに変更される。モズスーパーフレアがハナを切って飛ばし、ダノンスマッシュが好位から抜け出しを狙う展開か。馬場傾向と武豊騎手が作る流れがポイントになる。3連単1000万馬券が飛び出す可能性がある。


レース回顧

2019年 3月24日(日) 2回中京6日  天候: 晴   馬場状態: 良 
11R  第49回高松宮記念
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定)  芝 1200m   18頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 2  3 $ミスターメロディ   牡 4 福永祐一  57  1.07.3 33.6  3 492 (栗)藤原英昭
2 2  4  セイウンコウセイ   牡 6 幸英明    57  1.07.4 33.9 12 504 (美)上原博之
3 4  7  ショウナンアンセム 牡 6 藤岡康太  57  1.07.4 33.4 17 490 (美)田中剛
4 7 13  ダノンスマッシュ   牡 4 北村友一  57  1.07.5 34.0  1 472 (栗)安田隆行
5 3  5  ティーハーフ       牡 9 国分優作  57  1.07.6 33.7 11 468 (栗)西浦勝一
6 4  8  レッツゴードンキ   牝 7 岩田康誠  55  1.07.6 33.3  5 504 (栗)梅田智之
7 8 16  デアレガーロ       牝 5 池添謙一  55  1.07.8 33.5  8 480 (美)大竹正博
8 6 12  ロジクライ         牡 6 ルメール  57  1.07.8 33.7  4 516 (栗)須貝尚介
9 3  6  アレスバローズ     牡 7 川田将雅  57  1.08.0 34.2  7 500 (栗)角田晃一
10 1  2  ラインスピリット   牡 8 森一馬    57  1.08.1 34.2 16 444 (栗)松永昌博
11 8 17  ダイメイフジ       牡 5 丸山元気  57  1.08.1 33.9 14 528 (栗)森田直行
12 7 14  ペイシャフェリシタ 牝 6 松田大作  55  1.08.1 34.2 15 494 (美)高木登
13 6 11  ヒルノデイバロー   牡 8 横山典弘  57  1.08.8 34.3 18 514 (栗)昆貢
14 5  9  ナックビーナス     牝 6 大野拓弥  55  1.08.9 35.2  6 528 (美)杉浦宏昭
15 7 15 $モズスーパーフレア 牝 4 武豊      55  1.09.0 35.8  2 480 (栗)音無秀孝
16 8 18  ダイメイプリンセス 牝 6 M.デム  55  1.09.1 34.6  9 506 (栗)森田直行
17 1  1  スノードラゴン     牡11 藤田菜七  57  1.09.2 34.7 10 514 (美)高木登
18 5 10  ラブカンプー       牝 4 酒井学    55  1.09.3 35.8 13 442 (栗)森田直行
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.0-10.1-11.1-11.4-11.2-11.5
通過:33.2-44.6-55.8-67.3  上り:67.3-55.3-45.2-34.1  平均:1F:11.22 / 3F:33.65
単勝   3 \780 
複勝   3 \320 / 4 \2210 / 7 \6410 
枠連   2-2 \33310 (31) 
馬連   03-04 \30530 (43) 
ワイド 03-04 \7590 (47)/ 03-07 \30460 (100)/ 04-07 \88520 (136) 
馬単   03-04 \49630 (75) 
3連複 03-04-07 \870740 (476/816) 
3連単 03-04-07 \4497470 (2312/4896) 

ミスターメロディは内枠スタートから好位の内につけ、メンバー4位の33.6秒で抜け出してレースを制した。勝ちタイムは1分7秒3。モズスーパーフレアが逃げて前半3F33.2秒。Bコースに変更され、かつ馬場が乾いたことで高速決着になった。1〜3着馬は3、4、7番枠の内枠から内をロスなく回ってきた馬。先週までは外差しが決まる馬場だったが、Bコース変更、馬場が乾いたことで内が有利な馬場になった。ミスターメロディは初の芝1200mだったが、好位から抜け出す正攻法のレースでG1初制覇。内が有利な馬場で内枠から好位の内をロスなく回ってきたことが有利に働いたが、スケートのパシュートの原理で勝負どころでの強い向かい風をうまく味方につけることができたのではないか。能力が抜けた存在ではなく、そのあたりが上手く噛み合っての勝利。勝った福永騎手と幸騎手は16年以降の中京芝1200mで1、2位の好成績。コースを知り尽くしている面もあるのだろう。これで左回りは[4−1−0−2](ダート含む)、休み明けを除き1400m以下なら[4−1−0−0]。スキャットダディの後継種牡馬としての役割がある馬。今後は短距離路線を大事に使って種牡馬入りすることになりそうだ。

セイウンコウセイは内枠スタートから3番手につけ、メンバー7位タイの33.9秒でまとめて0.1秒差の2着。直線で先頭に立ったが、ミスターメロディに内から交わされた。ミスターメロディと同様に内が有利な馬場、強風を味方につけている。好スタートを切った後に外からモズスーパーフレアが先頭に立つまで馬なりで脚をタメられたことも良かったのだろう。1〜3月は[3−4−1−2]、3月は[2−1−0−1]でこの時期走るタイプ。前3走は12、14、15着に惨敗し12番人気だったが、17年の高松宮記念勝ち馬が地力を示した。

ショウナンアンセムは後方の内からメンバー2位の33.4秒で最内から追い込んで0.1秒差の3着。直線で前が壁になって追い出しを待たされたが、最内に突っ込んで伸びてきた。前走初の芝1200mのオーシャンSで1.0秒の5着に入った馬がG1で0.1秒差の3着。スプリント路線はレベルが低く、大きな能力差がないことを示している。左回りの芝1400mは[3−2−0−5]でパラダイスS(OP)1着、ハイペースで前崩れになったフリーウェイS2着(1200m通過1分8秒7)があった。連対した2頭と同様に内が有利な馬場、強風も味方につけている。

ダノンスマッシュは外枠スタートから好位につけ、メンバー9位の34.0秒で上がって0.2秒差の4着。北村友騎手が内が有利な馬場を考慮して3コーナーで内に入れたが、それによってアレスバローズ(川田騎手)、ナックビーナス(大野騎手)が大きな不利を受け、さらにその2頭の後ろにいたロジクライ(ルメール騎手)も大きな不利を受けた。北村友騎手には過怠金10万円が課せられている。3コーナーで内に入れたが、4コーナーから直線でラブカンプーが外に張り出してきたことで外を回されたこともあり伸び切れなかった。まだ4歳馬で馬体の線が細く、少し体力不足の印象を受けた。今後は放牧に出され、秋のスプリンターズSを目標にキーランドC、セントウルSあたりで復帰することになりそうだ。

ティーハーフは中団の後ろからメンバー5位タイの33.7秒で伸びて0.3秒差の5着。これで高松宮記念では6、4、5着。馬券圏内には入れなかったが、9歳馬がまだやれることを示した。前走シルクロードSで大外18番枠から大外をブン回してダノンスマッシュの上がりを0.5秒上回ったのはダテではない。展開、馬場など条件が揃えば、どこかで一発ありそうだ。

レッツゴードンキは後方からメンバー最速の33.3秒で追い込んで0.3秒差の6着。直線で狭くなってブレーキをかける大きなロスがあった。最後は鋭く伸びてきただけにスムーズなら馬券圏内があったかもしれない。最速上がりを繰り出したように7歳牝馬でも衰えはなさそうだが、少しトモが薄くなり馬体の造りはピークを過ぎていている。



[Home]