毎日杯
2019/3/23 阪神競馬場 芝1800m

レース展望

皐月賞の東上最終便。過去10年で1番人気は[5−1−2−2]で6連対。前走G2、G3出走馬は[4−1−1−0]で複勝率100%。2番人気は[2−1−3−4]で3連対、3番人気は[1−3−2−4]で4連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、7、12番人気。最近5年の馬連は24倍、56倍、6倍、3倍、6倍で荒れても中穴までに収まっている。

連対馬14頭が前走4着以内。前走5着以下から連対した6頭は前走重賞で5〜7着。前走8着以下は[0−0−1−11]。前走重賞以外は500万条件連対馬のみ。新馬、未勝利、OP特別は連対がない。ノーザンファーム生産馬は[5−6−5−18]で勝った5頭は1、2番人気。社台ファーム生産馬は[1−3−2−15]で4連対。社台白老ファームは[0−0−0−8]で不振。

ヴァンドギャルドは東スポ杯2歳S3着、ホープフルS6着、きさらぎ賞4着。東スポ杯2歳Sは直線で外に持ち出すロス、ホープフルSは直線で致命的な不利があった。前走きさらぎ賞は良発表でも緩い馬場が影響している。藤原英厩舎のディープインパクト産駒で馬主は社台RH。騎乗停止明けのルメール騎手で人気を集めそうだ。大事に使う藤原英厩舎がガンガン使っている点が少し気になる。

新潟2歳S勝ち馬ケイデンスコール、きさらぎ賞3着馬ランスオブプラーナ、シンザン記念2着馬マイネルフラップ、前走新馬戦を勝ったウーリリ、前走つばき賞3着のルモンド、ベゴニア賞勝ち馬アントリューズなど。ケイデンスコールは前走朝日杯FSで後方のまま見せ場なく13着。初の右回りが影響したのか全く伸びなかった。ロードカナロア産駒でエルビッシュの半弟。右回り2戦目でどこまで変わるか。

ランスオブプラーナはきさらぎ賞で逃げて0.4秒差の3着に粘った。前走アルメリア賞は前半5F60.7秒で逃げてメンバー3位の34.4秒で後続を完封し1分47秒5で優勝。距離をこなすことを示した。阪神芝では2戦2勝。松山騎手が強気な逃げで粘らせるか。ウーリリは京都芝1800mの新馬戦を好位からメンバー2位の34.0秒で抜け出して1分49秒6で優勝。ディープインパクト産駒でウリウリ、マカヒキの全弟。過去10年で前走新馬戦は[0−0−0−7]。鞍上は福永騎手。


レース回顧

2019年 3月23日(土) 2回阪神1日  天候: 曇   馬場状態: 良 
11R  第66回毎日杯
3歳・オープン・G3(別定) (国際)(特指)  芝 1800m・外   13頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 1  1  ランスオブプラーナ 牡 3 松山弘平  56  1.47.2 34.3  3 462 (栗)本田優
2 2  2  ウーリリ           牡 3 福永祐一  56  1.47.2 34.0  2 492 (栗)友道康夫
3 8 13  ヴァンドギャルド   牡 3 ルメール  56  1.47.4 33.9  1 464 (栗)藤原英昭
4 4  5  ケイデンスコール   牡 3 北村友一  57  1.47.4 33.9  7 466 (栗)安田隆行
5 7 11  マイネルフラップ   牡 3 吉田隼人  56  1.47.7 34.4  4 468 (栗)梅田智之
6 5  6  オールイズウェル   牡 3 藤岡佑介  56  1.47.7 34.1  8 496 (栗)佐々木晶
7 5  7  ダノンテイオー     牡 3 岩田康誠  56  1.47.8 34.8 11 464 (栗)大久保龍
8 3  3  ルモンド           牡 3 川田将雅  56  1.47.9 34.6  5 456 (栗)中内田充
9 4  4  キングオブコージ   牡 3 和田竜二  56  1.48.2 34.8  9 472 (栗)安田翔伍
10 6  9  アントリューズ     牡 3 田辺裕信  56  1.48.3 35.1  6 496 (美)栗田徹
11 6  8  コパノマーティン   牡 3 浜中俊    56  1.48.5 35.4 13 486 (栗)村山明
12 7 10  セントウル         牡 3 小牧太    56  1.48.6 35.1 10 466 (栗)森秀行
13 8 12  アンタエウス       牡 3 山田祥雄  56  1.49.2 35.8 12 440 [地]川西毅
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.9-11.5-12.1-12.2-12.0-12.2-11.2-11.2-11.9
通過:36.5-48.7-60.7-72.9  上り:70.7-58.5-46.5-34.3  平均:1F:11.91 / 3F:35.73
単勝   1 \510 
複勝   1 \150 / 2 \160 / 13 \130 
枠連   1-2 \1420 (5) 
馬連   01-02 \1230 (3) 
ワイド 01-02 \440 (3)/ 01-13 \340 (1)/ 02-13 \400 (2) 
馬単   01-02 \2330 (7) 
3連複 01-02-13 \1430 (1/286) 
3連単 01-02-13 \8510 (8/1716) 

ランスオブプラーナはハナを切って前半5F60.7秒のマイペースで進み、メンバー5位の34.3秒でまとめてそのまま押し切った。勝ちタイムは1分47秒2。前半5F60.7秒は前走同コースのアルメリア賞を勝ったときと同じ。ラスト3Fは11.2−11.2−11.9秒。ラスト3Fから高速ラップを繰り出し、ラスト1Fを11秒台でまとめたことで後続は追いつけなかった。きさらぎ賞3着時はブービーの7番人気だったが、芝1800mで2連勝し3番人気で重賞初制覇を飾った。次走は皐月賞。今回のように中盤にラップを落としてラスト3Fを高速ラップでまとめられれば可能性はありそうだが、皐月賞はタフなレースになりやすい。真価の問われる一戦になりそうだ。

ウーリリは内枠スタートから内ラチ沿いの3番手につけ、メンバー3位の34.0秒で上がってクビ差の2着。直線で狭くなって仕掛けが遅れたことが堪えた。過去10年で前走新馬戦は[0−0−0−7]だったが、データを破って連対した。新馬戦の勝ちタイムを2.4秒詰めて1分47秒2で走ったことを評価したい。ウリウリ、マカヒキの全弟で素質が高く、今後の成長次第で重賞戦線で活躍できそうだ。賞金的に皐月賞は厳しいため、次走は青葉賞または京都新聞杯からダービーを目指すことになる。

ヴァンドギャルドは後方からメンバー最速タイの33.9秒で大外から追い込んで0.2秒差の3着。道中行きたがった馬をルメール騎手が懸命になだめ、最後に切れる脚を使ったが届かなかった。逃げた馬にラスト3Fを高速ラップでまとめられる展開で後方からでは厳しかった。ディープインパクト産駒で能力はあるが、イレ込み、折り合いなど難しい面が残っている。

ケイデンスコールは内ラチ沿いの後方を進み、直線で外に持ち出してメンバー最速タイの33.9秒で伸びて0.2秒差の4着。前走朝日杯FSは後方のまま見せ場なく13着に終わったが、最速上がりを繰り出して復調を示した。これで5戦のうち4戦が上がり最速。今後は長い距離でゆったり進めた方が切れる脚を使えるのか、マイルより短い距離が合うのかを見極めて行くことになりそうだ。

キングオブコージは6番手につけたが、直線でスムーズさを欠き1.0秒差の9着。直線でごちゃついて脚を余した。飛びが大きいため、一度減速するとスピードに乗るまで時間がかかるタイプ。前走未勝利戦の勝ちタイム1分34秒0は前日のチューリップ賞より0.1秒速い。距離はこなせるタイプ。ゆったりと進められる直線の長いコースで見直したい。



[Home]