阪神大賞典
2019/3/17 阪神競馬場 芝3000m

レース展望

過去10年で1番人気は[5−2−2−1]で7連対。現在5連勝中。単勝1倍台は[4−1−1−0]、2倍台は[0−1−0−1]、3倍台は[1−0−0−0]、4倍以上は[0−0−1−0]。2番人気は[1−1−1−7]で2連対、3番人気は[3−1−2−4]で4連対。連対馬18頭が5番人気以内、残る2頭は6、7番人気。最近5年の馬連は9倍、17倍、6倍、1.4倍、12倍で10倍台止まり。

連対馬12頭が前走4着以内。前走5着以下から連対した8頭のうち5頭に3000m以上の長距離重賞で連対があった。長距離重賞実績馬なら巻き返し可能。最近は前走有馬記念惨敗馬の巻き返しが目立つ。6番人気以下で3着以内に入った3頭は6、6、7番人気。前走はダイヤモンドS5着、日経新春杯7着、有馬記念9着。前走重賞で5〜9着に負けた馬が激走している。穴でこのタイプの7番人気前後に注意。

シャケトラは17年の日経賞を勝った後不振が続いていたが、長期休み明けの前走AJC杯を4番手からメンバー3位の34.2秒で抜け出して2分13秒7で優勝。菊花賞馬フィエールマンを完封した。日経賞とAJC杯を勝っているため、日経賞を使うのかと思われたが、陣営はメンバーを考慮したのか阪神大賞典に使ってきた。阪神芝は[3−0−0−1]。久々の長距離戦とテン乗りの戸崎騎手がポイントになる。

リッジマンはスウェプトオーヴァーボード産駒だが、芝3000m以上[1−2−0−0]で上がりは全てメンバー2位。昨年はダイヤモンドSで2着に入り、ステイヤーズSで重賞初制覇を飾った。過去の阪神大賞典で人気になった馬と比較すると実績は見劣るが、長距離ではまだ底を見せていない。少し上がりが掛かった方がいいタイプ。超スローなら自分から動いて勝ちに行くか。蛯名騎手では[3−2−0−3]。

ステイヤーズS2着馬アドマイヤエイカン、万葉S勝ち馬ヴォージュ、前走愛知杯5着のコルコバード、前走ダイヤモンドS4着のソールインパクト、小倉大賞典3着馬サイモンラムセスなど。アドマイヤエイカンはステイヤーズSでリッジマンに0.4秒差の2着に入ったが、前走万葉Sは1.5秒差の7着に終わった。ステイヤーズSで激走した反動か。斤量は前走より1キロ増えるが、乗り慣れた岩田騎手に乗り替わる。

ヴォージュは前走万葉Sを逃げ切った。2着ユーキャンスマイルは次走ダイヤモンドSを制している。和田騎手が強気な騎乗で持ってくるか。コルコバードは丹頂Sでリッジマンに0.2秒差の2着がある。過去10年で牝馬は[0−1−1−2]でデニムアンドルビーが2着、メイショウベルーガが3着。引退間近のキャロットファームの6歳牝馬(ノーザンファーム生産)。テン乗りのMデムーロ騎手に乗り替わる。


レース回顧

2019年 3月17日(日) 1回阪神8日  天候: 曇   馬場状態:稍重
11R  第67回阪神大賞典
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定)  芝 3000m・内   11頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 8 10  シャケトラ         牡 6 戸崎圭太  57  3.06.5 37.6  1 518 (栗)角居勝彦
2 6  7  カフジプリンス     牡 6 中谷雄太  56  3.07.3 38.2  6 528 (栗)矢作芳人
3 1  1  ロードヴァンドール 牡 6 横山典弘  56  3.07.7 39.2 10 498 (栗)昆貢
4 6  6  ソールインパクト   牡 7 福永祐一  56  3.07.9 38.6  9 490 (美)戸田博文
5 7  9  アドマイヤエイカン 牡 6 岩田康誠  56  3.08.1 38.5  4 512 (栗)須貝尚介
6 2  2  リッジマン         牡 6 蛯名正義  57  3.08.2 38.9  2 444 (栗)庄野靖志
7 3  3  ケントオー         牡 7 幸英明    56  3.08.5 39.0  8 472 (栗)西橋豊治
8 7  8  ヴォージュ         牡 6 和田竜二  56  3.09.1 40.0  5 518 (栗)西村真幸
9 4  4  ステイインシアトル 牡 8 浜中俊    56  3.09.8 40.4  7 492 (栗)池江泰寿
10 8 11  コルコバード       牝 6 M.デム  54  3.10.0 40.2  3 458 (美)木村哲也
11 5  5  サイモンラムセス   牡 9 小牧太    56  3.18.8 47.6 11 464 (栗)梅田智之
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.7-10.8-11.4-12.1-12.3-12.9-12.0-13.0-12.7-13.0-13.0-12.6-12.5-12.1-13.4
通過:34.9-47.0-59.3-72.2  上り:76.6-63.6-50.6-38.0  平均:1F:12.43 / 3F:37.30
単勝   10 \220 
複勝   10 \140 / 7 \390 / 1 \820 
枠連   6-8 \980 (5) 
馬連   07-10 \2700 (10) 
ワイド 07-10 \960 (10)/ 01-10 \1710 (23)/ 01-07 \7500 (44) 
馬単   10-07 \3830 (13) 
3連複 01-07-10 \27560 (77/165) 
3連単 10-07-01 \87820 (255/990) 

シャケトラは後方で脚をタメ、2周目の3コーナー手前から動いて上がって2番手に押し上げ、メンバー最速の37.6秒で抜け出し5馬身差で圧勝した。勝ちタイムは3分6秒5(稍重)。サイモンラムセスが逃げて前半5F59.3秒のハイペース。2コーナーでロードヴァンドールがハナを切り、その後スローに落としたが、レースの後半5Fは63.6秒でスタミナが問われる消耗戦になった。シャケトラは3コーナー手前で外から上がっていい脚を長く使い、他馬を全く相手にしなかった。前走AJC杯で菊花賞馬フィエールマンに勝ったことはダテではなく、叩き2戦目、長距離戦でさらにパフォーマンスを引き上げた。以前から相馬眼的に注目してきた馬が長期休み明けを乗り越えて重賞2連勝。次走は天皇賞(春)。17年の天皇賞(春)は田辺騎手が折り合いを欠いて自滅したが、復帰2戦を見る限り折り合いの不安は少ない。引き続き戸崎騎手が騎乗する予定。

カフジプリンスは5番手を進み、3コーナー手前でシャケトラが外から上がって来ると押して上がって行き、その後もずっと追い続けだったが、メンバー2位の38.2秒でしぶとく伸びて0.8秒差の2着。勝負どころで鞭が入り、かなり手綱が動いていたが、最後までしぶとい脚を使って6番人気で穴をあけた。前走1600万条件3着で格上挑戦だったが、17年のダイヤモンドSでアルバートに0.4秒差の3着に入った実績があった。最終調教で馬体のバランスが良くなり、走るフォームも良くなっていたが、やはり調子を上げていたのだろう。穴馬で狙って正解だった。次走は未定だが、天皇賞(春)がフルゲート割れなら使ってきそうだ。

ロードヴァンドールは前半は2番手を進み、2コーナーで外から上がってハナを切り、直線入り口でシャケトラに交わされたが、最後までしぶとく粘って1.2秒差の3着。2コーナーで強引にハナを奪い、その後スローに落としたこともあるが、厳しい展開でよく粘っている。G2の金鯱賞と日経新春杯で2着がある馬。近走不振が続いていたが、ようやく復調気配を見せた。横山典騎手で逃げたときは[0−1−2−0]で3着以内を確保している。

リッジマンは中団の後ろを進み、シャケトラが動いた後から押して上がって行ったが、直線で伸び切れず1.7秒差の6着。3コーナーで蛯名騎手の手が動いても上がって行けず、その後はずっと追い通しだった。反応が悪かったのは休み明けのせいか。440キロ台の小柄な馬だけに渋ったタフな馬場も堪えたのだろう。3000m以上の長距離戦で初めて連対を外した。



[Home]