スプリングS
2019/3/17 中山競馬場 芝1800m

レース展望

過去10年で1番人気は[4−3−2−1]で7連対。単勝1倍台は[0−0−2−0]、2倍台は[2−3−0−0]、3倍以上は[2−0−0−1]。単勝1倍台の断然人気は3着が続いている。2番人気は[1−1−2−6]で2連対、3番人気は[2−2−0−6]で4連対。6〜9番人気と10番人気以下は各1連対。最近5年は5番人気以内で決着し、馬連は8倍、10倍、33倍、13倍、6倍で中穴止まり。

連対馬18頭が前走3着以内。前走G3で3着以内に入った馬が3番人気以内なら[3−3−0−4]で6連対。特に3着馬に注意。最近6年の連対馬12頭のうち11頭が前走1着。前走500万条件勝ち馬に注意。前走G3は勝ち馬[0−2−0−4]、2着馬[0−1−0−7]、3着馬[3−0−0−1]。前走朝日杯FS直行馬は1番人気[2−1−1−1]だが、2番人気以下は[0−0−2−5]で不振。

クリノガウディーは前走朝日杯FSで4番手からメンバー4位の34.0秒で上がって0.3秒差の2着。断然人気のグランアレグリアに半馬身先着した。一頓挫あってシンザン記念を使えなかったが、本番前にどこまで仕上げてくるか。1週前に坂路で50.8秒の好タイムを出している。芝1800mは[1−0−0−1]で新馬戦を1分50秒0で勝っている。新馬戦と朝日杯FSは1枠1番だった。JRAはどこに入れてくるか。

朝日杯FS4着馬ファンタジスト、同6着馬エメラルファイト、きさらぎ賞2着馬タガノディアマンテ、前走ホープフルS4着のコスモカレンドゥラ、福寿草特別勝ち馬ロジャーバローズ、未勝利と若竹賞を連勝したヒシイグアス、クロッカスS勝ち馬ディキシーナイトなど。中山は土曜が雨のち晴れ、日曜が晴れの予報。馬場に湿り気が残るのかと土曜の馬場傾向に注目したい。馬場と適性の見極めが大きなポイントになる。

ファンタジストは前走朝日杯FSで8枠14番から外を回ってメンバー2位タイの33.9秒で上がり0.6秒差の4着。スプリングSの結果次第で皐月賞かNHKマイルCか決める模様。鞍上は武豊騎手。タガノディアマンテはきさらぎ賞で最後方からメンバー最速の34.4秒で追い込んで0.3秒差の2着。5着メイショウテンゲンは弥生賞を制した。武蔵野Sを勝ったタガノトネールの半弟でオルフェーヴル産駒。脚質に幅があるため、展開&馬場と位置取りをマッチさせられれば。今年の重賞で田辺騎手は[0−0−0−10]。


レース回顧

2019年 3月17日(日) 2回中山8日  天候: 曇   馬場状態: 良 
11R  第68回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(国際)(指定)  芝 1800m   16頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 5  9  エメラルファイト   牡 3 石川裕紀  56  1.47.8 34.9 10 454 (美)相沢郁
2 1  1  ファンタジスト     牡 3 武豊      56  1.47.8 34.6  1 484 (栗)梅田智之
3 5 10  ディキシーナイト   牡 3 石橋脩    56  1.47.8 35.3  7 524 (美)国枝栄
4 6 12  タガノディアマンテ 牡 3 田辺裕信  56  1.48.0 34.7  9 464 (栗)鮫島一歩
5 4  8  ヒシイグアス       牡 3 ミナリク  56  1.48.0 35.8  3 482 (美)堀宣行
6 1  2  クリノガウディー   牡 3 藤岡佑介  56  1.48.2 36.1  4 494 (栗)藤沢則雄
7 8 15  ロジャーバローズ   牡 3 川田将雅  56  1.48.2 35.4  2 500 (栗)角居勝彦
8 7 13  シークレットラン   牡 3 内田博幸  56  1.48.3 34.9  5 496 (美)田村康仁
9 3  5  ゲバラ             牡 3 柴山雄一  56  1.48.4 35.0 13 472 (美)伊藤大士
10 2  4  ニシノカツナリ     牡 3 勝浦正樹  56  1.48.5 34.9  6 478 (美)水野貴広
11 2  3 $ユニコーンライオン 牡 3 松山弘平  56  1.48.8 35.4  8 538 (栗)矢作芳人
12 8 16  フィデリオグリーン 牡 3 野中悠太  56  1.48.8 35.8 16 498 (美)根本康広
13 4  7  リーガルメイン     牡 3 三浦皇成  56  1.49.0 36.0 11 438 (栗)橋口慎介
14 3  6  コスモカレンドゥラ 牡 3 丹内祐次  56  1.49.2 36.7 12 446 (美)田中博康
15 6 11  リバーシブルレーン 牡 3 大野拓弥  56  1.49.3 36.2 14 440 (美)高木登
16 7 14  カラテ             牡 3 黛弘人    56  1.50.4 38.1 15 482 (美)高橋祥泰
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.6-11.4-11.8-12.1-12.1-12.1-12.0-11.6-12.1
通過:35.8-47.9-60.0-72.1  上り:72.0-59.9-47.8-35.7  平均:1F:11.98 / 3F:35.93
単勝   9 \2710 
複勝   9 \590 / 1 \230 / 10 \410 
枠連   1-5 \1670 (5) 
馬連   01-09 \10290 (41) 
ワイド 01-09 \3060 (44)/ 09-10 \3480 (46)/ 01-10 \1880 (26) 
馬単   09-01 \23610 (90) 
3連複 01-09-10 \32400 (122/560) 
3連単 09-01-10 \235870 (831/3360) 

エメラルファイトは7番手を進み、メンバー3位タイの34.9秒で差し切ってレースを制した。勝ちタイムは1分47秒8。クリノガウディーが逃げて前半5F60.0秒。後半5Fは59.9秒でラップは12.1−12.0−11.6−12.1秒。前日のフラワーCより前半5Fが0.5秒速かったが、勝ちタイムは0.4秒遅い。前評判通りメンバーレベルが低かったか。エメラルファイトは好位置につけて石川騎手が外から持ってきた。札幌2歳S、朝日杯FSでタフなレースしてきたように今回のメンバーでは経験値が上だったか。芝1800mでは4、3着に終わっていたが、G2を勝って一気にパフォーマンスを引き上げた。次走は皐月賞。体型的に距離1F延長はプラスではないが、皐月賞はマイラーが激走することもある。

ファンタジストは1枠1番スタートから中団につけ、直線で外からメンバー最速の34.6秒で伸びて頭差の2着。先に抜け出したエメラルファイトを交わせなかったが、距離1800mを克服し1番人気で連対を確保した。早めに外に出して外を回ってメンバー最速上がりを繰り出したように距離にメドを立てた。エメラルファイトと同様に重賞でタフなレースを経験してきたことが生きたのではないか。次走は皐月賞になるが、体型的に更なる距離1F延長はプラスではない。皐月賞で結果が出ないとNHKマイルCに向かう手か。09年以降の重賞で武豊騎手は3番人気以内が1枠1番なら[8−6−2−7]で連対率60.9%。JRAが1枠に入れてきたら注意したい。

ディキシーナイトは好位から早めに動いてメンバー7位の35.3秒でしぶとく伸びて頭+クビ差の3着。ダイワメジャー産駒である程度前につけてしぶとい脚を使えるタイプ。石橋脩騎手は早めに動いて目一杯に追って持ってきた。520キロを超える大型馬で馬体に緩さがあるが、レースを使いながら少しずつ仕上げが進んでいる。次走は皐月賞。中山芝2000mの未勝利戦を勝っているが、高速決着に対応できるかがカギ。

タガノディアマンテは後方からメンバー2位の34.7秒で外から伸びて0.2秒差の4着。最後に外から伸びてきたが、結果的に位置取りが後ろ過ぎた。田辺騎手は差し追い込み馬に騎乗すると下げ過ぎる傾向がある。きさらぎ賞で最後方から2着に追い込んだ馬。時計を詰めて少しパフォーマンスを引き上げた。

ヒシイグアスは2番手から伸び切れず0.2秒差の5着。上がりはメンバー10位タイの35.8秒。道中外からずっとカラテにマークされたこともあり伸び切れなかった。馬体が16キロ減って少し腹目が細くなっていたことも微妙に影響したのではないか。タメれば切れる脚を使える可能性がある。今後は控えるレースを試してみても面白そうだ。

ロジャーバローズは6番手からメンバー8位タイの35.4秒で伸びて0.4秒差の7着。直線で馬場の荒れた内を通り、少し狭くなったこともあり伸び切れなかった。川田騎手は「ずっと競馬に向かえる精神状態ではなかった」とコメントしている。角居厩舎のディープインパクト産駒で走る雰囲気を持った馬。小回りの芝1800mよりもっと長い距離の方が合いそうだ。

ニシノカツナリは最後方から大外を回ってメンバー3位タイの34.9秒で追い込んで0.7秒差の10着。外から伸びているが、最後方から大外ブン回しでは届かなくて当たり前。まだ粗削りでレースが下手だが、追って味のあるタイプで能力はありそう。混戦レースで大外一気を決めそうなタイプ。まだ1勝馬だが、どこかで大波乱を演出する可能性があるため注意したい。



[Home]