ファルコンS
2019/3/16 中京競馬場 芝1400m

レース展望

過去10年で1番人気は[1−0−0−9]で1連対のみ。単勝2倍台は[0−0−0−4]、3倍台は[1−0−0−2]、4倍以上は[0−0−0−3]。単勝オッズに関係なく不振。2番人気は[2−1−1−5]で3連対、3番人気は[2−2−1−5]で4連対。6〜9番人気が2連対、10番人気以下が5連対。最近5年の馬連は8倍、246倍、19倍、16倍、54倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴以上を狙うのが妙味。

連対馬20頭のうち6頭が前走1着。前走500万条件勝ち馬が4番人気以内なら[3−1−0−7]。前走OP以上で7〜9着に負けた馬が7連対。穴でOP特別で負けた馬の巻き返しに注意。前走10着以下から連対した3頭は3、3、7番人気だった。牡馬は[10−9−8−111]、牝馬は[0−1−2−31]。優勝は全て牡馬。5番人気以内の牝馬は[0−0−1−2]。距離変更後、牝馬は[0−0−0−16]で不振。

ローゼンクリーガーは前走阪神JFで12着に終わったが、芝1400mでは[2−2−0−0]で連対を確保。中京芝1400mでは新馬戦を逃げて1分21秒6で勝っている。りんどう賞は0.2秒差の2着に負けたが、勝ったプールヴィルはフィリーズレビューを制した。過去10年で牝馬は[0−1−2−31]で12番人気の1連対のみ。データを覆して連対できるかどうか。ダリア賞で騎乗した福永騎手が騎乗する。

未勝利とジュニアCを連勝したヴァッシュモン、万両賞2着馬ダノンジャスティス、サウジアラビアRC2着馬ドゴール、デイリー杯2歳S3着馬ハッピーアワー、前走マーガレットS2着のイッツクール、2戦2勝のグルーヴィットなど。中京は金曜が晴のち曇、土曜が晴一時雨の予報。馬場がどこまで渋るのかがひとつのポイントになりそうだ。多頭数で枠順の影響も大きい。枠順にも注意したい。

ヴァッシュモンはジュニアCを1分33秒8で優勝。3着ディキシーナイトは次走クロッカスSを勝っている。今年の重賞で田辺騎手は[0−0−0−10]。前2週はルメール騎手から乗り替わった人気馬(ラストドラフト、ノームコア)で7着に終わった。ハッピーアワーは芝1400m以下[2−2−0−0]。中京芝1400mでは未勝利戦を1分21秒7で勝っている。武幸調教師は重賞初制覇なるか。


レース回顧

2019年 3月16日(土) 2回中京3日  天候: 晴   馬場状態: 良 
11R  第33回中日スポーツ賞ファルコンS
3歳・オープン・G3(別定) (国際)(特指)  芝 1400m   15頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 8 15  ハッピーアワー     牡 3 吉田隼人  56  1.20.9 34.0  4 446 (栗)武幸四郎
2 7 13  グルーヴィット     牡 3 北村友一  56  1.21.0 34.4  3 486 (栗)松永幹夫
3 3  4  ローゼンクリーガー 牝 3 福永祐一  54  1.21.5 35.3  2 462 (栗)高橋亮
4 2  2  ショウナンタイガ   牡 3 柴山雄一  56  1.21.6 35.2 11 476 (栗)池添兼雄
5 7 12  ブリングイットオン 牝 3 丹内祐次  54  1.21.9 35.3 14 424 (栗)宮徹
6 6 10 $ヴァッシュモン     牡 3 田辺裕信  56  1.22.0 35.8  1 454 (美)栗田徹
7 5  9 *ダノンジャスティス 牡 3 小崎綾也  56  1.22.0 35.6  7 496 (栗)中内田充
8 5  8  ザイツィンガー     牡 3 国分恭介  56  1.22.1 35.0 13 422 (栗)牧田和弥
9 2  3  スタークォーツ     牝 3 川又賢治  54  1.22.3 36.4 12 474 (栗)寺島良
10 4  7  シングルアップ     牡 3 中谷雄太  56  1.22.3 36.0 10 536 (栗)寺島良
11 6 11  ドゴール           牡 3 津村明秀  56  1.22.4 36.0  5 452 (美)黒岩陽一
12 8 14  イッツクール       牡 3 松田大作  56  1.22.4 35.5  8 470 (栗)武英智
13 3  5  ジャカランダシティ 牡 3 荻野極    56  1.22.6 36.5  9 466 (栗)牧浦充徳
14 4  6  ジャパンスウェプト 牡 3 藤岡康太  56  1.22.7 36.1  6 434 (美)古賀慎明
15 1  1  ニューホープ       牡 3 佐藤友則  56  1.26.0 36.5 15 432 [地]尾島徹
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.0-10.8-11.4-11.7-11.5-11.6-11.9
通過:34.2-45.9-57.4-69.0  上り:68.9-58.1-46.7-35.0  平均:1F:11.56 / 3F:34.67
単勝   15 \630 
複勝   15 \190 / 13 \240 / 4 \170 
枠連   7-8 \1380 (5) 
馬連   13-15 \2270 (7) 
ワイド 13-15 \790 (9)/ 04-15 \520 (3)/ 04-13 \750 (8) 
馬単   15-13 \4810 (20) 
3連複 04-13-15 \3660 (9/455) 
3連単 15-13-04 \24470 (70/2730) 

ハッピーアワーは外枠スタートから後方を進み、大外からメンバー最速の34.0秒で差し切ってレースを制した。スタークォーツが逃げて前半3F34.2秒、5F57.4秒の速い流れになり、中団より後ろで脚をタメた2頭で決着。ハッピーアワーは2位を0.4秒上回る強烈な末脚で差し切った。前2走はマイルで3、5着に終わったが、これで芝1400m以下は[3−2−0−0]。中京芝1400mの未勝利戦を勝ったようにコースも合うのだろう。調教診断で1位評価にしたように馬体、動き、気配が目立っていた。武幸四郎調教師は重賞初制覇となった。春の目標はNHKマイルC。距離は1F長いが、左回りは2戦2勝。外差し馬場で前崩れの展開になれば。

グルーヴィットは中団の外からメンバー2位の34.4秒で抜け出したが、外からハッピーアワーに差されて0.1秒差の2着。ダ1400mで2連勝した馬が初芝の重賞で激走した。ロードカナロア産駒で半姉にフェイズベロシティ。血統、走法的に芝でも走れるとみていたが、今後に期待が持てる好内容だった。追って味のある馬で前崩れの展開になったこともプラスに働いたのだろう。今後はNHKマイルCが目標になるが、賞金的に厳しければユニコーンSに向かうことになりそうだ。こういう追って味のある馬は長く活躍するので注目していきたい。

ローゼンクリーガーは内枠スタートから3番手につけ、メンバー5位タイの35.3秒で上がって0.6秒差の3着。前の2頭には離されたが、速い流れで先行して地力を示した。これで芝1400mは[2−2−1−0]。今後も芝1400mなら相手なりに走りそうだ。

ヴァッシュモンは3番手につけたが、直線で伸び切れず1.1秒差の6着。上がりはメンバー9位の35.8秒。前走ハイペースのジュニアCを勝ったが、それよりも速い流れで切れる脚を使えなかった。1番人気に支持されたが不甲斐ない負け方だった。今年の重賞で田辺騎手は[0−0−0−12]で不振が続いている。



[Home]