チューリップ賞
2019/3/2 阪神競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[5−2−1−2]で7連対。阪神JF連対馬なら[5−1−1−0]。キャリア1戦で阪神JFを勝ったジョワドヴィーヴルは3着に終わった。2番人気は[1−1−3−5]で2連対、3番人気は[1−2−0−7]で3連対。6〜9番人気が5連対。10番人気以下は[0−0−1−47]。最近5年の馬連は4倍、57倍、7倍、43倍、7倍。隔年で人気薄が連対して荒れている。今年は荒れる番か。

連対馬20頭のうち18頭が前走4着以内。前走5着以下から連対した2頭にはOP以上で連対があった。前走重賞勝ち馬は[4−1−1−3]、2〜4着馬は[3−3−4−5]。前走重賞で4着以内に入った人気馬に注目。6番人気以下で3着以内に入った10頭のうち9頭が関西馬。前走OP以上で5着以内と新馬&未勝利戦勝ち馬が激走している。前走メンバー3位以内の上がりを繰り出した6〜10番人気の関西馬に注意。

ダノンファンタジーは新馬戦でグランアレグリアに負けたが、未勝利、ファンタジーS、阪神JFを3連勝。ファンタジーSは中団の外からメンバー最速の33.8秒で差し切って快勝。前走阪神JFは後方からメンバー2位の34.0秒で差し切って1分34秒1で優勝。阪神芝1600mの未勝利戦を勝ち、ファンタジーSで差すレースをし、阪神JFを勝つためのステップを踏んでいた。賞金は足りているため仕上げに注意が必要だが、このメンバーだと簡単には崩れそうにない。過去10年のチューリップ賞で川田騎手は[1−1−1−2]。

シェーングランツは札幌芝1800mの未勝利戦を後方から捲ってメンバー最速の36.4秒で差し切り5馬身差で圧勝。アルテミスSは後方3番手からメンバー最速の33.8秒で大外から差し切って1分33秒7で優勝。前走阪神JFは後方からメンバー3位の34.4秒で追い込んで0.3秒差の4着。直線でスペースがなく、外に出してながら追うロスがあった。結果的に2枠4番がアダになった。ソウルスターリングの半妹で藤沢和厩舎のディープインパクト産駒。武豊騎手は今年26勝でトップタイと好調。本番前にどう料理するか。

紅梅S&エルフィンS3着のノーブルスコア、デイリー杯2歳S2着馬メイショウショウブ、同5着馬ドナウデルタ、阪神JF7着馬タニノミッション、前走エルフィンS2着のブランノワール、前走春菜賞を勝ったブランノワール、前走未勝利戦を勝ったシゲルピンクダイヤなど。ダノンファンタジー、シェーングランツとは差がありそうだが、2頭をまとめて負かす馬、割って入る馬はいるのだろうか。過去10年でノーザンファーム生産馬は[5−2−5−26]、社台ファーム生産馬は[1−2−0−10]。社台系生産馬に注意。


レース回顧

2019年 3月 2日(土) 1回阪神3日  天候: 晴   馬場状態: 良 
11R  第26回チューリップ賞
3歳・オープン・G2(馬齢) (牝)(国際)(指定)  芝 1600m・外   13頭立
------------------------------------------------------------------------------
着枠 馬  馬名               性齢 騎手     斤量 タイム  3F  人体重     廐舎
------------------------------------------------------------------------------
1 1  1  ダノンファンタジー 牝 3 川田将雅  54  1.34.1 34.0  1 460 (栗)中内田充
2 8 13  シゲルピンクダイヤ 牝 3 和田竜二  54  1.34.3 33.6  4 452 (栗)渡辺薫彦
3 5  7  ノーブルスコア     牝 3 福永祐一  54  1.34.3 33.8  7 428 (栗)藤原英昭
4 8 12  ドナウデルタ       牝 3 北村友一  54  1.34.3 34.0  6 426 (栗)石坂正
5 5  6  シェーングランツ   牝 3 武豊      54  1.34.6 34.0  2 472 (美)藤沢和雄
6 3  3  ブランノワール     牝 3 藤井勘一  54  1.34.7 34.5  5 444 (栗)須貝尚介
7 2  2  マルモネオフォース 牝 3 富田暁    54  1.34.9 34.6  9 484 (栗)木原一良
8 7 10  アフランシール     牝 3 岩田康誠  54  1.35.0 35.0  8 478 (美)尾関知人
9 4  5  メイショウショウブ 牝 3 池添謙一  54  1.35.2 35.1  3 482 (栗)池添兼雄
10 6  9  オーパキャマラード 牝 3 松若風馬  54  1.35.5 35.6 13 480 (栗)本田優
11 4  4  ハニーウィル       牝 3 国分恭介  54  1.35.7 35.3 12 440 (栗)村山明
12 7 11  サムシングジャスト 牝 3 シュタル  54  1.35.7 34.8 10 482 (栗)松田国英
13 6  8  ブリッツアウェイ   牝 3 松山弘平  54  1.36.4 36.3 11 430 (栗)音無秀孝
------------------------------------------------------------------------------
LAP :12.7-11.1-11.7-12.3-12.1-11.3-11.0-11.9
通過:35.5-47.8-59.9-71.2  上り:70.3-58.6-46.3-34.2  平均:1F:11.76 / 3F:35.29
単勝   1 \130 
複勝   1 \110 / 13 \290 / 7 \320 
枠連   1-8 \620 (3) 
馬連   01-13 \1080 (3) 
ワイド 01-13 \460 (4)/ 01-07 \490 (5)/ 07-13 \2850 (26) 
馬単   01-13 \1310 (5) 
3連複 01-07-13 \4330 (15/286) 
3連単 01-13-07 \10890 (34/1716) 

ダノンファンタジーは1枠1番から内ラチ沿いの3番手につけ、メンバー3位タイの34.0秒で抜け出してレースを制した。勝ちタイムは1分34秒1。オーバキャマラードが逃げて前半3F35.5秒、5F59.9秒の緩い流れ。ダノンファンタジーは直線で前が壁になったが、川田騎手が落ち着いて外に出し、最後はきっちり差し切った。まだ冬毛が生えており、馬体の張りもひと息だったが、阪神JF勝ち馬が能力の違いを見せつけた。次走は桜花賞。グランアレグリア、クロノジェネシスなどメンバーは揃うが、阪神JFを直線一気、チューリップ賞を先行抜け出しで勝ったように脚質に幅があるのは強み。

シゲルピンクダイヤは出遅れて後方2番手からメンバー最速の33.6秒で追い込んで0.2秒差の2着。大外枠スタートから道中はロスなく進み、直線で外に持ち出すと強烈な末脚を繰り出した。出遅れずにもう少しスムーズなレースならもっと差は詰まったのではないか。前走未勝利戦をラスト3F11.9−11.8−11.4秒の尻上がりラップで勝ったのはダテではなかった。繋靭帯炎明け、重賞初挑戦だったが、2着に入り桜花賞出走権を獲得。次走桜花賞は休み明けで激走した反動が出なければ。

ノーブルスコアは後方からメンバー2位の33.8秒で追い込んで0.2秒差の3着。2着とはハナ差。直線で馬群を捌きなら伸びてきた。ガツンと切れないが、追ってバテにくいタイプ。これで紅梅S、エルフィンS、チューリップ賞と3戦連続3着。馬体は12キロ減って腹目が少し細くなっていた。藤原英厩舎のディープインパクト産駒。次走は桜花賞。少しうるさくなっているため、馬体が減ってさらにテンションが高くならないことが条件。

ドナウデルタは中団の外から早めに動いてメンバー3位タイの34.0秒で抜け出したが、最後に差されて0.2秒差の4着。北村友騎手が早めに動いて勝ちに行ったが、結果的に早仕掛けだった。デイリー杯2歳S5着、シンザン記念9着と不振が続いていたが、調教の動きが良くなっていたように少しずつ素質が開花してきている。馬体を絞って仕上げていたが、桜花賞出走は厳しくなった。次走は自己条件になりそうだ。

シェーングランツは中団の後ろからメンバー3位の34.0秒で伸びて0.5秒差の5着。直線で外からシゲルピンクダイヤに寄られたことで馬が躊躇した感もある。北海道の洋芝で勝ち星がある馬。もう少し時計、上がりの掛かる馬場が合っている。休み明けで阪神に輸送して馬体6キロ増。次走桜花賞は叩いたことでどこまで変わってくるか。



[Home]