京都記念
2019/2/10 京都競馬場 芝2200m

レース展望

過去10年で1番人気は[2−2−2−4]で4連対。最近6年は[0−0−2−4]で3着止まり。ジャスタウェイ5着、ジェンティルドンナ6着、ハープスター5着、マカヒキ3着、レイデオロ3着に終わった。2番人気は[0−1−4−5]で1連対、3番人気は[3−4−1−2]で7連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6番人気。最近5年の馬連は42倍、30倍、28倍、36倍、28倍で中穴決着が続いている。

1〜3着馬全てにG1、G2連対またはG3勝ちがあった。G2でレベルが高く、重賞実績のない馬は通用しない。年齢別では4歳[4−4−3−23]、5歳[5−1−6−19]、6歳[1−4−1−24]、7歳以上[0−1−0−19]。4、5歳馬が9勝を挙げている。6歳馬は2着が多い。7歳以上は17年に5番人気で連対したスマートレイアーのみ。ただし今年は4歳馬が2頭、5歳馬が1頭しか出走していない。

ステイフーリッシュは[2−1−2−4]、芝2000〜2200mは[2−1−2−0]で3着以内を確保。昨年の京都新聞杯は2番手から抜け出して2分11秒0で優勝。前走中山金杯は後方から捲って先団に押し上げ、メンバー10位タイの35.4秒で粘り込んで0.1秒差の2着。8枠15番から藤岡佑騎手が思い切ったレースでいい脚を長く使って連対した。藤岡佑騎手は昨年クリンチャーで勝っており2連覇が懸かる。

パフォーマプロミスは[7−2−2−5]で日経新春杯(54キロ)、AR共和国杯(56キロ)を優勝。AR共和国杯はスローペースで究極の上がり勝負になり、6番手からメンバー2位の32.6秒で抜け出して2分33秒7で優勝。前走有馬記念(57キロ)は後方のまま見せ場なく14着。56キロ以下では[6−2−1−0]、57キロ以上では[1−0−1−5]で斤量に敏感なタイプ。57キロ、今の重い馬場がどう出るか。

一昨年の3着馬マカヒキ 、前走日経新春杯4着のノーブルマーズ、昨年のAJC杯勝ち馬ダンビュライト、前走中山金杯5着のタイムフライヤーなど。マカヒキは札幌記念(稍重)で後方から追い込んでハナ差の2着。勝ったサングレーザーは天皇賞(秋)で2着に入った。以前は軽い馬場が得意だったが、札幌記念を見る限り、今はタフな馬場の方が合うのではないか。芝2000〜2200mのG2以下では[2−1−1−0]で3着以内を確保。過去10年の京都記念でディープインパクト産駒は5番人気以内なら[0−5−2−4]。



[Home]