クイーンC
2019/2/9 東京競馬場 芝1600m

レース展望

過去10年で1番人気は[4−1−1−4]で5連対。関東馬は[3−1−0−2]、関西馬は[1−0−1−2]。前走阪神JF3着以内が単勝1倍台なら[2−0−0−0]。2番人気は[3−1−3−3]、3番人気は[1−3−0−6]で各4連対。連対馬18頭が5番人気以内、残る3頭は7、10番人気。最近5年の馬連は4倍、17倍、13倍、13倍、40倍。昨年は1、2番人気が崩れ、3−5番人気で中穴になった。

連対馬20頭のうち17頭が前走5着以内。6着以下から連対した3頭は前走重賞6着。前走重賞で2〜6着に負けた馬が巻き返すことが多い。前走10着以下は[0−0−1−19]。前走新馬戦は[0−1−2−12]、未勝利戦は[0−1−1−20]で各1連対のみ。昨年は前走新馬戦を勝ったフィフニティが5番人気で2着に入った。最近は前走阪神JF、フェアリーSで6着以内に入った馬が巻き返すことが多い。

クロスジェネシスは[2−1−0−0]で上がりは全てメンバー最速。アイビーSは4番手からメンバー最速の32.5秒で抜け出して2馬身差で圧勝。前走阪神JFは出遅れて後方2番手を進み、直線で外からメンバー最速の33.9秒で追い込んで0.1秒差の2着。勝ったダノンファンタジーの上がりを0.1秒上回った。ノーザンファーム生産のバゴ産駒で半姉に紫苑Sを勝ったノームコアがいる。小柄な牝馬で瞬発力勝負に強いタイプ。休み明け、長距離輸送がカギになるが、雨で渋ってタフな馬場にならなければ格好をつけるか。

ビーチサンバは[1−1−1−0]で3着以内を確保。アルテミスSは中団からメンバー3位の34.4秒で早めに抜け出して0.1秒差の2着。少し抜け出すタイミングが速く、シェーングランツに差されたが、1分33秒8の好タイムで走っている。前走阪神JFは中団からメンバー4位の34.5秒で伸びて0.2秒差の3着。直線で外からダノンファンタジーとクロノジェネシスに一気に交わされた。母はフサイチエアデール、全兄にフサイチリシャールがいる良血馬。クロスジェネシスより1キロ軽い54キロで出走できる。

前走札幌芝1800mの新馬戦を勝ったミリオンドリームズ、前走東京芝1600mの未勝利戦を勝ったレッドベルディエス、マジックリアリズム、赤松賞勝ち馬ジョディー、同2着馬マドラスチェック、前走未勝利戦を勝ったカレンブーケドールなど。ミリオンドリームズは新馬戦を中団からメンバー最速の35.0秒で差し切って快勝。藤沢和厩舎のフランケル産駒。鞍上はルメール騎手。カレンブーケドールは新馬戦でダノンキングリーに頭差の2着がある。過去10年のクイーンCで国枝厩舎は[0−2−0−0]。鞍上は戸崎騎手。



[Home]